MENU CLOSE

共催シンポジウム「宗教と環境」

  • English
  • 日本語
共催シンポジウム

2011年11月12日、東洋大学白山校舎にて、宗教・研究者エコ・イニシアティブ(RSE)主催、東洋大学国際哲学研究センター(IRCP)共催、東洋大学「エコ・フィロソフィ」学際研究イニシアティブ(TIEPh)後援により、「第2回宗教と環境シンポジウム――新しい文明原理の生活化と宗教」が開催された。宗教・研究者エコ・イニシアティブ(代表・西山茂東洋大学教授)とは、宗教学関係研究者と宗教者とが協力して環境問題に取り組もうとする組織であり、今回のシンポジウムは昨年に続き2回目である。今回は東日本大震災を受け、特に文明原理の転換を深く追求することとした。参加者は、2百数十名に及んだ。

共催シンポジウム

本シンポジウムのプログラムは、開会あいさつ;山本良一(東京都市大学教授、RSE副代表)「エコ文明実現のために倫理パネルを設立せよ」、基調講演;竹村牧男(東洋大学教授)「迫られる文明原理の転換と宗教哲学の使命――人間は欲望を制御出来るか?」、パネル発表;茂木貞純(國學院大学教授)「日本の原型を伝える神宮の式年遷宮――持続可能な社会を求めて」、武田道生(淑徳大学准教授)「持続可能型社会のための仏教倫理的生き方・私論」、村田充八(阪南大学教授)「キリスト教有神論と環境問題――スチュワード(管理人)として生きるということ」、佐藤孝則(天理大学おやさと研究所教授)「天理教の自然観と環境保全運動」、の各発表があり、その後、岡本享二(NPO法人環境経営学会副会長)の司会によりパネル・ディスカッション「新しい文明原理の生活化と宗教」、というものであった。

共催シンポジウム

竹村は仏教および西田幾多郎の宗教哲学を基盤に、自己と自然への深い了解に基づく世代間倫理への展望を述べた。パネル発表では、神道・仏教・キリスト教・新宗教の各分野から環境保全への取組みの宗教的基盤についての説明があり、相互の位置関係と共通点が浮かび上がった。パネル・ディスカッションにおいてはさらに相互理解が深められ、最後にはフロアとともに、文明原理の転換の促進とその生活における実践に、宗教者としてあらためて強力に取組むことで一致した。

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.