1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. 国際哲学研究センター
  5. Message from director//国際哲学研究センター長挨拶
MENU CLOSE

Message from director//国際哲学研究センター長挨拶

  • English
  • 日本語

Hideo Kawamoto

The research topics of the International Research Center for Philosophy have been compelled to change dramatically, reflecting the trends of the times. Along with the unexpected rapid progress of AI and information science, the current situation has changed to a degree where predictions are impossible. Therefore, as subject areas, we have broadly established programs under the framework of (1) information science and technology society, (2) eco-philosophy, (3) thoughts for harmonious coexistence, and (4) history of philosophy. These changes are necessary to establish new programs and changes in the existing programs, to facilitate participation by individuals from other departments as a comprehensive university program, and to eventually develop into television lectures linking each campus. These are also based on the request of the university president and staff members who support the activities of the International Research Center for Philosophy. Comprehensive research on thoughts for harmonious coexistence and researches on the history of philosophy are long-standing research projects that will continue for 5 and 10 years, respectively. Although the projects comprise small study groups, we should continue for an extended period. However, there may be times when conditions change again. At that time, we will focus on altering the research emphasis. When an issue emerges during a certain period, it is always necessary to examine what philosophy can do at that moment. Philosophers must not be mere critics. Moreover, there are no topics for which a historical distance can be created. From the beginning, there is no definitive method on what should be implemented. Contemporary themes are not merely debate topics, but also have some involvement in trends. No matter how trivial the theme’s impact may be, it is necessary to engage where it affects the theme itself. However, it makes it almost impossible to track the trends of the same era. Given this background, repeated trial and error is also a program characteristic. I believe that this year was a year of such trial and error.

 

河本 英夫

国際哲学研究センターの研究テーマは、時代の動向を反映して、大幅に変更を迫られることになった。AIや情報科学の予想外の急速な進展によって、時代の局面が見通しの効かないほど変化して きたのである。そこでテーマ領域として、(1)情報科学技術社会、(2)エコ・フィロソフィー、(3)共生思想、(4)哲学史の大枠でのプログラムの設定を行った。ここでの変更は、多くの学部からの参加を見込めるかたちにすることと、全学総合のプログラムとして、やがて各キャンパスをつなぐテレビ授業へと展開するために、新たなプログラムを設定すること、さらには既存のプログラムの力点 を変えていくことである。これらは国際哲学研究センターの活動を支援してくれる学長やそのスタ ッフの希望を受けてのものでもある。共生思想の網羅的な研究や哲学史の研究は、息の長い研究で、本来5 年10年と続けていくもので ある。たとえ小さな研究会であっても、息長くやっていくべきものである。これらもどこかで局面が変わっていくことがあるかもしれない。そのときには、力点を変えて重点的に進めていくことになる。さしあたり同時代のなかで、なにかが出現するとき、哲学は何をなしうるかというのは、いつも生じてしまう課題である。たんなる評論家であってはいけない。また歴史的に距離の取ることのできるテーマでもない。当初からどうすればよいかが決まっているのでもない。同時代のテーマは、たんに論じるだけではなく、この動向になんらかのかかわりを持ってしまう。どんなにささやかであっても、テーマそのものに影響を及ぼすところまで立ち入ることが必要となる。だがそのことによって、同時代の動向に巻き込まれないでいることはほぼ不可能である。こういう場面で、試行錯誤を繰り返すことが、プログラムの特質でもある。今年度は、こうした試行錯誤の1 年だったと思う。