MENU CLOSE

『国際哲学研究』 第1号

  • English
  • 日本語

表紙・目次[PDFファイル/477KB]

はじめに[PDFファイル/159KB]  村上勝三

設立記念シンポジウム「哲学の国際化は可能か」

基調講演

哲学の国際化は可能か[PDFファイル/608KB]  加藤 尚武

パネル発表

哲学は国際化できるか[PDFファイル/290KB]  吉田 公平
国際哲学研究の課題と可能性-諸々の生活世界を源泉にする哲学としての国際哲学-[PDFファイル/370KB]  山口 一郎

蓄積される罪と罰-古代の道教思想から現代へ[PDFファイル/342KB]  菊地 章太

第一回WEB 国際会議「普遍方法論の可能性─デカルトとフッサール─」

いま、デカルトによるマテーシス ドゥニ・カンブシュネル
フッサールの現象学の「明証性」という見解についての注解 ゲオルグ・シュテンガー

WEB 国際講演会「ポスト福島の哲学 知の巨匠にたずねる」

フクシマの後で哲学すること ジャン=リュック・ナンシー
為しえることと為しえないこと ベルンハルト・ヴァルデンフェルス

講演

現象学─間文化哲学の方法と道 ゲオルグ・シュテンガー

論文

井上円了に関する研究史[PDFファイル/286KB]  三浦 節夫
井上円了『哲学一夕話』と西田幾多郎[PDFファイル/351KB]  白井 雅人
理論モデル「存在- 神- 論」のスピノザ哲学への適用[PDFファイル/334KB]  大野 岳史
討議倫理とサンデル[PDFファイル/491KB]  朝倉 輝一
仏教における共生の基盤の可能性としての「捨(upeksa )[PDFファイル/528KB]  堀内 俊郎

訳注

西周『生性劄記』訳注(1)[PDFファイル/638KB]  播本 崇史

奥付[PDFファイル/153KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.