MENU CLOSE

『国際哲学研究』第3号

  • English
  • 日本語

目次 [PDFファイル/125KB]

はじめに [PDFファイル/140KB]  村上勝三

講演

外国語の習得としての明治時代の日本への哲学の導入 [PDFファイル/382KB] ジョン・マラルド

Web 国際会議「経験論者と合理論者による方法についての対話」

外的世界の観念性という問題 [PDFファイル/702KB] エドゥアール・メール
ヒュームの帰納的懐疑論 [PDFファイル/657KB] ヘレン・ビービー
ビービー氏によるヒュームの帰納的懐疑主義へのコメント [PDFファイル/396KB] 一ノ瀬正樹
メール氏の発表についてのコメント [PDFファイル/380KB] 村上勝三
メール氏とビービー氏へのコメント [PDFファイル/278KB] 大西克智

特別講義

空性と智慧 [PDFファイル/266KB] アジャ・リンポチェ

共生の哲学に向けて―言語を通じて古代アジアの人々の価値観を探る―

インド・アーリヤ諸部族のインド進出を基に人類史を考える [PDFファイル/1.21MB] 後藤敏文
仏教思想は甦るか ―仏典、翻訳、そして現代― [PDFファイル/385KB] ゲンボ・ドルジ

共生の哲学に向けて―イランにおける多文化共生研究集会・現地調査―

連続企画 「共生の哲学に向けて―イラン・イスラームとの対話―」 [PDFファイル/307KB] 永井晋
文化の共生―文化の理解と相互交流の産物 [PDFファイル/534KB] アブドッラヒーム・ギャヴァーヒー
西田幾多郎と近代日本の哲学 [PDFファイル/541KB] 永井晋
初期仏典に学ぶ共生の智慧―スッタニパータとダンマパダより [PDFファイル/260KB] 堀内俊郎

論文

明治期アカデミー哲学とその系譜―本体的一元論と有機体の哲学― [PDFファイル/1.03MB] 井上克人
明治期の形而上学 [PDFファイル/431KB] 小坂国継
日本哲学研究の新たな開始にむけて―「西田哲学」の独自性を検証する試みをとおして― [PDFファイル/565KB] 渡部清
中国における日本思想史の研究 [PDFファイル/743KB] 卞崇道、呉光輝

神なき時代の宗教―後期西田哲学における宗教の問題― [PDFファイル/387KB] 白井雅人
デカルトの形而上学の方法としての「省察meditatio」について、あるいは、形而上学は方法を持たないこと [PDFファイル/425KB] 村上勝三
順応的管理モデルにおける生態学的基盤の課題―南方熊楠の思想を手がかりに― [PDFファイル/809KB] 関陽子(山村陽子)

翻訳

ヒュームのIsとOught [PDFファイル/709KB] 竹中久留美
『ラクシュミー・タントラ』第2章訳注 [PDFファイル/626KB] 三澤祐嗣

彙報

東洋大学国際哲学研究センター2013年度研究成果概要 [PDFファイル/500KB] 

投稿規定 [PDFファイル/112KB]

奥付 [PDFファイル/84KB]


一括ダウンロード [PDFファイル/5.31MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.