1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. 国際哲学研究センター
  5. 国際哲学研究センター シンポジウム「哲学と歴史学とを生涯学習として学ぶ意義」
MENU CLOSE

国際哲学研究センター シンポジウム「哲学と歴史学とを生涯学習として学ぶ意義」

  • English
  • 日本語

東洋大学国際哲学研究センターでは、シンポジウム「哲学と歴史学とを生涯学習として学ぶ意義」を2017年12月16日(土)に開催いたします。

聴講無料、事前申込不要ですので、どうぞ奮ってご参加ください。

詳細については下記をご参照ください。

ポスター

ポスターはこちらから [PDFファイル/1.7MB]

シンポジウム「哲学と歴史学とを生涯学習として学ぶ意義」

日時:2017年12月16日土曜日 13時00分~18時00分
場所:東洋大学2号館16階スカイホール

プログラム
13時00分開会挨拶鈴木道也(東洋大学教授・国際哲学研究センター研究員)
13時05分提題1[哲学]「哲学――自由になるための学び」
川添信介(京都大学理事・副学長)
14時20分提題2[歴史学]「中世地中海から現代世界を見る」
高山博(東京大学教授)
15時35分提題3[教育学]「生涯学習では哲学や歴史学をどのように学んできたか」
矢口悦子(東洋大学教授)
16時45分休憩 
16時55分討論登壇者間での質疑応答とフロア・ディスカッション
[司会]辻内宣博(東洋大学准教授・国際哲学研究センター研究員)
17時55分閉会挨拶坂本邦暢(東洋大学助教・国際哲学研究センター研究員)

※聴講無料/申込不要

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)