MENU CLOSE

『国際哲学研究』第7号

  • English
  • 日本語

目次 [PDFファイル/566KB]

はじめに [PDFファイル/452KB] 河本英夫

Foreward [PDFファイル/434KB] KAWAMOTO, Hideo

ワークショップ「文学はどう見られてきたか――古代・中世・近代の変遷」報告 

古い友人を訪ねるために ―ワークショップ「文学はどう見られてきたか」を終えて― [PDFファイル/567KB] 坂本邦暢

中世イギリス文学における≪ロマンス≫と自国語意識 ―アーサー王物語を中心に [PDFファイル/574KB] 岡本広毅

人間の自由はいかにして実現可能か?―シェリング芸術哲学から見たギリシア悲劇の示す第三の道 [PDFファイル/725KB] 八幡さくら

シンポジウム「哲学と歴史学とを生涯学習として学ぶ意義」報告 

国際哲学研究センターシンポジウム司会報告 [PDFファイル/737KB] 辻内宣博

哲学:自由になるための学び [PDFファイル/732KB] 川添信介

中世地中海から現代世界を見る [PDFファイル/707KB] 高山博

生涯学習では哲学や歴史学をどのように学んできたか―生と死の学習で「哲学」し、自分史づくりで「歴史」を書く成人学習者― [PDFファイル/812KB] 矢口悦子

シンポジウム「聖典はどのように伝えられたのか―宗教の言葉と思想を考える」報告

インドにおけるヴェーダの伝承について [PDFファイル/731KB] 梶原三恵子

初期仏典(三蔵)の編纂(結集)と伝承(口伝と書写)―インドよりスリランカ・ミャンマーへ― [PDFファイル/711KB] 森祖道

大乗仏典の伝承者―dharmabhāṇaka(説法者)の位置づけ [PDFファイル/1.03MB] 渡辺章悟

チベットにおける『倶舎論』の伝承:ダライ・ラマ一世の倶舎論註への系譜 [PDFファイル/880KB] 現銀谷史明

研究会「西洋自然観との対峙における日本哲学の形成」報告 

「西洋自然観との対峙における日本哲学の形成」研究会報告 [PDFファイル/577KB] 相楽勉

連続研究会「近世哲学への新視点」報告

連続研究会「近世哲学への新視点」 [PDFファイル/678KB] 竹中久留美

論文

『法随念注』に対する文献学的研究-『釈軌論』、Arthaviniścayasūtranibandhanaとの対比で- [PDFファイル/971KB] 堀内俊郎

世親作『釈軌論』第5章翻訳研究(1) [PDFファイル/1.08MB] 上野牧生、堀内俊郎

新井白石の西学観 [PDFファイル/804KB] 坂本頼之

西周の儒学批判―『百一新論』巻之上再考― [PDFファイル/1.1MB] 播本崇史

日本の近代化と道徳の問題―西村茂樹の道徳会と王陽明後学の講会活動― [PDFファイル/1.02MB] 小路口聡

日本近代―明治大正期の陽明学運動― [PDFファイル/847KB] 吉田公平

『ラクシュミー・タントラ』における創造説とグナ(性質) [PDFファイル/1.01MB] 三澤祐嗣

彙報

 彙報 [PDFファイル/741KB]

 投稿規定 [PDFファイル/584KB]

 奥付 [PDFファイル/475KB]


 一括ダウンロード [PDFファイル/23.31MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.