1. トップページ
  2. 東洋大学に在籍している外国人学生の方へ
  3. 〔体験談〕ダシビレグ・ザンダルマーさん
MENU CLOSE

〔体験談〕ダシビレグ・ザンダルマーさん

  • English
  • 日本語

ダシビレグ・ザンダルマーさん
日本語学校国際事務本部,2017年国際地域学研究科修士課程修了

顔写真
フロー

将来は日本と母国を繋ぐ仕事を

日本で大学まで出たのにこのまま母国のモンゴルに帰るのはもったいないと思いました。日本を十分に理解するためには学校だけでなく社会にも出たいと考えました。またモンゴルは新卒が評価されにくく職歴がないと就職するのも厳しい社会的状況があります。そこでまず日本で就職することを決めました。将来的には日本とモンゴルを行ったり来たりできるような仕事をしたいと思っています。

インターンを通じて自分を知る

2016年1月から2月(修士課程1年次)に一ヶ月間、国際協力事業団のインターンシップでケニアに行き、日本のコンサルティング会社のもとで街づくりを学びました。自分にどのような仕事が向いているのか、あるいは向いていないのかを学びました。私の場合は、デスク仕事は向いていないと強く感じました。また会社の生の話を聞け、会社体験を通じて働く自分が想像でき、後の就職活動にたいへん役立ちました。インターンは自分で調べましたが、大学側はインターン情報をより多く掲示し、学生自身も自分で調べるとインターン参加者が増え、後々の就職活動に大きく役立つだろうと思います。

就職活動ではさまざまな準備が必要

2016年4月から就職活動を本格的に始めました。会社主催の説明会に参加し、国際系の企業12~13社にプレエントリーを行いました。さらにその中で働きたい気持ちがそんなに強くなかった会社はやめることにして、本エントリーは10社程度にしました。業界調査は国際関係の業界についてインターネットで調べ、さらに会社のHPや『国際関係』という雑誌を通じて企業調査を行いました。自己分析は、インターネットにある自己分析診断で自分を調べました。今まで自分がうやってきたことが自分を形成しているので、それを振り返りました。サークルや趣味から自分がどのような人間かわかるのではないかと思います。一方で、自分ではなかなかわからない部分もあるので、周りの人(日本やモンゴルの友人、家族)にも聞きました。
就職活動では履歴書のほかに筆記試験や面接の準備も必要です。筆記試験は就職活動の前から対策テキストを買い、準備をしたほうがいいと思います。留学生にとって日本語の四字熟語は難しいですし、試験時間も限られています。試験慣れをしておくことをお薦めします。
面接は、正直、よくわからないまま終わりました。うまくいったと思ったものがダメだったり、ダメだと思ったものがうまくいったりしました。身だしなみに気をつけて、質問には素直に答えることが大事だと思います。また就職キャリア支援課の面接指導を2回受け、それが非常に役立ちました。
このように後から思うともっと準備できることがあった就職活動ですが、自分なりに最大限の準備をして、2016年7月までに二社に内定をいただき、日本とモンゴルの交流ができ、モンゴルを通じて別の国を知ることができると考えた今の会社に就職しました。

日本の就職活動で苦労したこと

①私生活(特にバイト)とのバランス:就職活動中はどうしても忙しくなるので、そのとき勤めていた大学事務のアルバイトを減らしました。
②学業(論文執筆)とのバランス:就職活動の時期が、修士論文中間発表の時期と重なったため、論文準備にたいへん苦労しました。
③将来への不安:やはり就職活動の間は先が見えないので、非常に不安になります。

今だから思う就職活動のアドバイス

就職活動を始めるもっと前、3ヶ月前から企業調査をやっておけばよかったです。私の場合、就職活動を始めるのが遅かったため、すでに応募締切が過ぎていた企業もありました。インターンを通じて自分の仕事が見えてきた一方で、最初から会社を絞りすぎて選択肢を狭めてしまったのではないかという気持ちもあります。また準備期間が短く、志望理由をちゃんと書けずに出してしまいました。
就職活動中は忙しくなるので、アルバイトや学業との両立がたいへんですし、お金もかかります。事前にアルバイトをして就職活動の資金を貯めておくといいですし、勉強も準備をしておいたほうが卒業論文や修士論文の執筆にも支障をきたしません。
また日本の面接は個人面接やグループ面接など様々な形式がある上、日本語で行われるのでたいへん緊張します。やはり準備が大切です。私の場合、就職キャリア支援課の面接指導を受けましたが、最初はそうしたシステムを知らなかったので、もっと早く調べて知っておけばよかったです。
自分のことをよく理解し準備した上で就職活動を始めた方が悔いは残りません。準備をしないで仕事を決めても入った後がたいへんです。

 

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.