1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. ライフデザイン学部教員紹介
  5. 人間環境デザイン学科教員紹介(内田 祥士)
MENU CLOSE

人間環境デザイン学科教員紹介(内田 祥士)

  • English
  • 日本語

氏名内田 祥士
 内田 祥士
  Uchida Yoshio

自己紹介

大学を卒業後、建築設計事務所で設計活動を、大学院で近代建築史の研究を、各々5年づつ経験し、その後は、研究と設計を並行して行う機会を得、現在に至っています。
皆さんが当学科に進学された場合、建築設計については、実務家として、研究者としては主に建築史に関わる事柄を扱う授業や演習で御会いすることになります。
また、人間環境デザイン学科開設にともない、建築家として、学科の実験工房棟並びに制作工房棟の工事に携わる機会を得ました。その御陰で、自ら設計に参加した工房で授業と制作に勤しむという幸運にも恵まれました。

受験生へのメッセージ

専門分野を絞る、あるいは、大学を決めるという作業は、決して楽しい作業ではありません。自分の進むべき分野を絞るということは、同時に、他の分野への可能性を自ら断念することであり、大学を決めるということは、他の大学を諦めるということでもあるからです。更に、場合によっては「生きなかった人生は常に美しい」という幻想とも戦わなければならないでしょう。受験生の皆さん、今は、大いに考え悩んで下さい。それは皆さんの特権な訳ですから。
その上で、入学した暁には、自ら選んだ道であるとの思いを失うことなく、勉学に勤しみ、充実した大学生活を送って頂きたい。そう考えています。

専門分野・研究テーマ

私は、建築家なので、本来は建築設計が専門分野です。資格制度上の分類では、「意匠系」と呼ばれる分野の建築家で、構造や設備を設計する「技術系」ではありません。従って、大学での教育・研究分野も「意匠系」です。そうは言っても、建築家というのは、設計に関わる事柄には分野を問わず興味を持つものなので、研究テーマは幅広くなりがちで中々きちんとした枠には納まらないのですが、私自身は、「建築設計」・「近代日本建築史」・「建築維持」・「量を担った技術を考える」といった分野から建築を考えています。

主要業績

著書

  • 「東照宮の近代 -都市としての陽明門-」(ぺりかん社)

作品

  • 妙寿寺庫裏(内田祥士(習作舎)) (Jia環境建築賞入賞)
  • 茅野市神長官守矢資料館(藤森照信+内田祥士(習作舎))(日本建築仕上学会賞)
  • 秋野不矩美術館(藤森照信+内田祥士(習作舎))(日本建築学会作品選奨)
  • 人間環境デザイン学科実験工房棟(久米設計+内田祥士)(BELCA賞受賞)

研究キーワード

「量を担った技術を考える」・「建築技術」・「建築設計論」・「建築作品」

学生諸君には、在学中に出来るだけ多くの建築を、それも古いものから新しいものまで、有名無名取り混ぜて見てほしいと思っています。専門書も同様です。その時には、特に興味がわかない建物や言葉でも、見たり読んだりしたものは、必ず頭のどこかに残っていて、後になってデザインの鍵や、大切な思考の発端となるキーワードになるからです。

主な作品

主要業績の作品の欄に書いた通りですが、他に、住宅も何棟か設計しています。
もう一つ、ここ10年程、「量を担った技術を考える」というテーマのもとで、学内で廃棄された跳上式一体型木製机椅子の座板と背板を加工して、新しい椅子をデザインするというプロジェクトに取組んでいます。2012年度は、その第4世代、「4-01」・「4-02」の2脚を試作しました。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)