スマートフォン向け表示
前の画面へ戻る
  1. トップページ >
  2. Academics/教育 >
  3. Graduate School/大学院 >
  4. Graduate School of Regional Development Studies//大学院国際地域学研究科 >
  5. 国際地域学研究科でタイ政府認定公共管理コンサルタント研修を実施しました

国際地域学研究科でタイ政府認定公共管理コンサルタント研修を実施しました

  • English
  • 日本語

9月13日、14日の二日間、大学院国際地域学研究科でタイ政府の実施する認定公共管理コンサルタントの海外研修を受入れ、プログラムの一部を実施しました。

この研修は、タイ政府が行政改革のために設置した公共サービス向上担当官となる人材を育成するために政府職員を対象に実施しているもので、今年で9回目を迎えています。

今回、高齢社会における公共サービスのあり方をテーマとした研修を日本で実施することになり、東洋大学が北区と協力して高齢社会政策の講義と現場見学のプログラムを提供しました。

13日は、北区の4つの特別養護老人ホーム(浮間さくら荘、清水坂あじさい荘、新町光陽苑、桐が丘やまぶき荘)を訪問し、その後、東洋大学総合スポーツセンターにて北区高齢福祉課による高齢者施策の講義を実施しました。

タイ政府認定公共管理コンサルタント①タイ政府認定公共コンサルタント研修②

14日は、東洋大学白山キャンパススカイホールにて、本学社会学研究科伊奈川教授による特別講義「介護保険と高齢者向け福祉政策:日本の経験からの教訓」を実施しました。

プログラムを実施したタイ政府グッド・ガバナンス・プロモーション研究所のトーントン・チャンドラングス議長を団長とし、チュラロンコン大学パナロス・ナユドゥヤ教授をアドバイザーとして、タイ政府各省庁のシニアレベルの専門行政官44名が参加しました。

特別講義「介護保険と高齢者向け福祉政策:日本の経験からの教訓」

担当:国際地域学部教授 高橋一男(国際担当副学長)

   国際地域学部教授 藪長千乃

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.