1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 法科大学院
  4. 萱垣 佑樹さん(未修コース)
MENU CLOSE

萱垣 佑樹さん(未修コース)

  • English
  • 日本語
萱垣さん

萱垣 佑樹さん (未修コース)

修了年月:平成24年3月
合格年度:平成24年度

東洋大学法科大学院について

Q.本学法科大学院を選んだ理由をお教えください。

A.東京都内にあり少人数制だったこと、入学する前年の司法試験合格者実績から、東洋で勉強すれば司法試験に合格できると思い受験しました。

Q.本学法科大学院を修了して感じられた長所をお教えください。

A.少人数制だったため、先生や周りの友達との距離も近く、気軽に質問をすることや、話し合いができたことがよかったと思います。
また、 自習席が非常に広く、参考書もたくさん置くことができ、家で勉強できない私にとって、最高の環境があったと思います。

Q.学生生活の思い出や同級生とのエピソードなどありましたら、教えてください。

A.私は基本的に学生同士の自主ゼミを組んで勉強をすることが、試験対策のメインでした。私の場合は、優秀な友人に恵まれ、自主ゼミがとても有意義なものとして司法試験合格に直結したと思います。ですが自主ゼミによっては有害になる場合もあると思いますので、自分に合っているかをちゃんと見極めることが大事だと思います。

東洋大学法科大学院の授業について

Q.民事系科目について、特に印象に残っている授業・教授とのやり取りなどありましたら、内容と理由をお教えください。

A.民事系科目が、特に印象に残っています。
例えば、前田先生との授業では、一人一人、発言の機会に起立しての問答があり、非常に緊張感をもって授業に望むことができました。
また、坂本先生の授業は、非常に細かいところまで勉強することができました。坂本先生が作ったレジュメはとてもわかりやすく、大変お世話になりました。

将来は、このような形で社会に貢献したい

Q.法科大学院入学時の法曹を目指す動機とからめて、今後はどのような法曹(進路)を目指されますか?

A.私は弁護士を志望しています。刑事・民事どちらにも興味がありますし、これからまた修習をしながらじっくりと目指すべき法曹についても考えていきたいと思います。

萱垣さんより法曹をめざす方へのメッセージ

萱垣さん

法曹を目指すうえで、司法試験は必ず乗り越えなければならないものです。
もっとも受かるために何が必要かをしっかり考え、計画を立て勉強していけば必ず受かる試験だと思います。
ただし、方向を間違えてしまっては、いくら勉強しても受からない試験だとも思います。
そこで、司法試験に合格した人等に自分のやり方が間違ってないか、アドバイスをもらって、方向性を定めてから目標に向けてしっかり勉強する必要があります。
東洋法科大学院は少人数で、質問しやすい環境にあると思うので、入学された場合は是非積極的に質問し、司法試験を突破してください。
みなさん、合格にむけて頑張ってください。

司法試験合格者個別インタビュー一覧