1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 法科大学院
  4. 永嶋 淳さん(既修コース)
MENU CLOSE

永嶋 淳さん(既修コース)

  • English
  • 日本語

司法試験合格者個別インタビュー

永嶋さん

永嶋 淳さん(既修コース)

修了年月:平成23年3月
合格年度:平成23年度

東洋大学法科大学院について

Q.本学法科大学院を選んだ理由は何ですか。

A.東洋大学法科大学院は、都心の静かな環境にあり、通学にも便利な環境でした。私は、毎日朝8時に学校に行って勉強をすることを決めていたので、通学に便利であることは必須な条件でした。また、大規模なロースクールでは味わえない、先生方との距離の近さも期待して、入学をしました。

Q.本学法科大学院の長所をお教えください。

A.東洋大学法科大学院の長所は、先生方の非常に熱心な指導にあると思いました。学習上の疑問は、すぐに先生方に質問できる雰囲気があり、その場で解消することができました。少人数制の良さを最大限に享受できたと考えています。
また、学生間の自主ゼミが多く実施されていて、私も積極的に参加しました。学校の自主ゼミに対する支援も充実していました。特に、先生方やアカデミックアドバイザーの方が積極的にこちらの希望を聞いてくださるので、質・量ともに充実したゼミを組むことが可能でした。

Q.本学法科大学院で学んで、司法試験に生かされたことは何ですか。

A.授業の質は高く、授業で学習したところが思わぬところで司法試験の合格に役立ちました。今年の試験中にも、先生方の顔が浮かび、「先生、ありがとうございます。」と心で何度か叫びました。もちろん、司法試験の対策は、自学自習が基本ですが、授業の予習復習も手を抜かいないことが合格の秘訣だと思います。
振り返ってみれば、東洋大学法科大学院には司法試験の合格に必要なものはすべて揃っていました。司法試験の合格はその環境を生かすことができるか否かで決定すると思います。

学生生活の思い出や本学法科について

今、振り返ってみれば、司法試験に直接の関係のない科目であっても積極的に受講すればよかったと思っています。私は、一度の試験で必ず合格すると決めて入学しました。それゆえ、興味の有無に関係なく、司法試験の合格に関係があるか否かで授業の選択をしました。そのことについては後悔をしていません。しかし、専門性を高める豊富なカリキュラムが準備されていたにも関わらず、有効に生かし切れなかったことは心残りです。在学生の皆さんは、一流の先生方の講義を受講するチャンスを有効に活かして、試験勉強との両立を上手にやって下さい。

将来は、このような形で社会に貢献したい

Q.法科大学院入学時の法曹を目指す動機とからめて、今後はどのような法曹(進路)を目指されますか?

A.弁護士を志望しています。漠然とではありますが、刑事事件に多く関与してみたいと考えています。弁護士の仕事は、人に感謝されて生計を立てられる素晴らしいものです。より多くの人に感謝される仕事がでるよう、日々研鑽していきたいと考えています。

永嶋さんから法曹をめざす方へのメッセージ

永嶋さん

法曹を目指すには司法試験に合格しなければなりません。司法試験のハードルはそれほど高くなく、方法論さえ間違えなければ、努力で合格できる試験です。合格者の話を聞き、その真似をし、自分にあった日々の努力を怠らなければ、結果はついてきます。最後まであきらめないで、頑張って下さい。

司法試験合格者個別インタビュー一覧