1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 法科大学院
  4. 司法試験合格者個別インタビュー(長谷川 恵美子さん)
MENU CLOSE

司法試験合格者個別インタビュー(長谷川 恵美子さん)

  • English
  • 日本語

長谷川 恵美子さん (既修コース)

修了年月:平成22年3月
合格年度:平成22年度

東洋大学法科大学院について

Q.本学法科大学院を選んだ理由をお教えください。

A.担任制(※)や学習カルテ等の制度があり、少人数の規模ということもあって、先生方からの指導が密に受けられるのでは、と思ったからです。司法研修所の教官経験者の実務家の先生も多く、実際的な指導が期待できたという点もあります。また、交通の便がよく自宅が近かったという点もあります。

※現在は「指導教員制」に変わっています。

Q.本学法科大学院の長所をお教えください。

A.多くの先生方に授業外にゼミを開催して頂けたり、起案の機会も多いです。また、合格者の方の修習前のゼミやアカデミックアドバイザーのゼミでは、実践的な指導もしていただけます。質問も非常にしやすい雰囲気です。正直授業料以上の指導をして頂いたと思います。

Q.本学法科大学院で学んだ、どのようなことが司法試験に生かされましたか?

A.基本的にはすべてのことが役に立ったと思います。司法試験の問題は、対応するためにそれなりの訓練が必要だと思いますが,その訓練は十分にできたと思います。

学生生活の思い出や本学法科について

私の同級生は個性的な人が多くなんだかんだと2年間楽しく過ごせたと思います。同級生からの色々な刺激があったおかげでなんとか合格することができたので本当に感謝しています。また、事務室や学食のみなさんも親切で、法科大学院の生活をサポートして頂きました。自分一人では合格することはできなかったと思いますので、感謝の気持ちが強いです。一丸となって学生を合格させようという気持ちのある法科大学院だと思います。

将来は、このような形で社会に貢献したい

Q.法科大学院入学時の法曹を目指す動機とからめて、今後はどのような法曹(進路)を目指されますか?

A.入学時には、当時の仕事よりももっと広く人の役に立てるような仕事がしたいと思い、弁護士を志望して法科大学院に入学しました。現在も、弁護士を志望しています。自分のできることは社会の中でほんの小さいことだと思いますが、どのようなかたちであれ、少しでも社会に貢献できるよう活動していきたいと思っています。

長谷川さんから法曹をめざす方へのメッセージ

長谷川さん

法科大学院での学習は本当に大変だと思います。正直、勉強以外のことをする余裕はないです。しかし、人生の中で2年間勉強だけに集中できる時期があったというのは幸せなことだったとも思っています。在学中は自分の人生の可能性を広げるために頑張っていただければと思います。

司法試験合格者個別インタビュー一覧