1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 法科大学院
  4. 司法試験合格者個別インタビュー(三木 昭子さん)
MENU CLOSE

司法試験合格者個別インタビュー(三木 昭子さん)

  • English
  • 日本語

司法試験合格者個別インタビュー

三木 昭子さん(既修コース)

修了年月:平成23年3月
合格年度:平成26年度

東洋大学法科大学院について

Q.本学法科大学院を選んだ理由をお教えください。

A.教育方針が自分に合うと思ったためです。

Q.本学法科大学院を修了して感じられた長所をお教えください。

 A.多くの法科大学院は、修了したら学校に居場所が無くなると聞きます。東洋大学法科大学院は、施設利用もある程度自由ですし、ゼミで面倒を見て下さる先生がたくさんいらっしゃいました。何より、先生と生徒の関係が親密なので、学校に居にくくなるということがありませんでした。

 修了後の支援について

 Q.専任教員による自主ゼミ指導に参加されていた場合、参加したことのメリットや独自の活用方法などありましたらご紹介ください。

A.書ききれないほど、たくさんの先生にお世話になりました。本当にありがとうございます。

 Q.東洋大学法科大学院への特別な思い入れがありましたら、お聞かせ願います。

 A.私の合格を本気で願い、合格したことを本気で喜んで下さったかたが沢山いる、大好きなロースクールです。

 将来は、このような形で社会に貢献したい

Q.法科大学院入学時の法曹を目指す動機とからめて、今後はどのような法曹(進路)を目指されますか?

 A.高齢者を取り巻く様々な社会問題の問題解決の手助けをする法曹になりたいです。

三木さんから法曹をめざす方へのメッセージ

 来年から、短答三科目化・合格者数減少と不安要素が多いと思います。

しかし、とるべき対策は変わりません。正しい方向性の勉強を継続し、正しい答案戦略を採れば必ず合格します。皆様の合格を心より御祈念申し上げます。

 司法試験合格者個別インタビュー一覧