1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. 現代社会総合研究所
  5. 現代社会総合研究所・ICT教育研究プロジェクトの第4回研究会を開催しました
MENU CLOSE

現代社会総合研究所・ICT教育研究プロジェクトの第4回研究会を開催しました

  • English
  • 日本語

現代社会総合研究所・ICT教育研究プロジェクトの第4回研究会を開催しました

東洋大学現代社会総合研究所・ICT教育研究プロジェクト第 4 回 研 究 会

2014年9月19日(金)15時00分~18時00分
  於 東洋大学白山キャンパス 125記念ホール( 8号館7階 )

 日本初となるタブレット端末を活用した「スマイル学習」/ICT(情報通信技術)教育の授業が、  2014年度から佐賀県武雄市で始まりました。 
 この新しい教育活動について、東洋大学経済学部の松原聡教授(当研究所研究員)が代表を務
め、産学官で構成されている検証研究会が、教育の内容や方針を多角的に検証しています。
 また、この教育内容には、武雄市、DeNA、東洋大学の産学官連携により、プログラミング教育の導入が共同実証研究として組み込まれています。
 9月19日(金)に行われた研究会の内容は以下のとおりです。

第4回研究会の内容

◇第一部 「プログラミング教育」:10月から開始する「小学校一年生向けプログラミング教育」ア
  プリケーションの紹介

 この実証研究では、武雄市内の小学生に配布されているタブレットPC上で動く専用のソフトウェア開発をDeNAが担当し、その成果・教育への効果の分析を東洋大学現代社会総合研究所が担っていきます。授業は、月に2回程度の頻度で武雄市立山内西小学校の放課後の時間を活用し、教員および武雄市教育委員会によるバックアップのもと、DeNAが講師を派遣し実施されています。
 今回の研究会では、DeNAの川崎修平氏(取締役・最高技術責任者)によるデモンストレーション
が行われ、武雄市での授業の様子や今後の展開について、報告・説明がありました。

◇第2部 「スマイル学習」:来年度から実施する国語スマイル学習について

 今回の研究会では、御船ヶ丘小学校(佐賀県武雄市)の国語担当(5・6年生)の先生方と電話を繋いで、先生方が作成したプロットを見ながら、コンテンツ制作会社と実際に意見交換をするな
ど、より実践的な内容の研究会となりました。

◆次回の予定 :10月20日(月)14時50分~ 公開授業@武雄市

 091901 091902

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.