1. トップページ
  2. 研究協力・研究支援
  3. 平成26年度 井上円了記念研究助成 研究報告書
MENU CLOSE

平成26年度 井上円了記念研究助成 研究報告書

  • English
  • 日本語
Ⅰ 採択一覧
平成26年度 井上円了記念研究助成執行一覧 [PDFファイル/411KB]

7 - 10

Ⅱ 平成26年度 井上円了記念研究助成 研究成果報告書 
大学院学生 [PDFファイル/5.88MB]13 - 103
校友 [PDFファイル/2.86MB]

104 - 150

教員 [PDFファイル/7.05MB]151 - 244
共同研究(自由課題) 新規  [PDFファイル/1.87MB]

245 - 268

共同研究(学長課題) 新規 [PDFファイル/1.83MB]269 - 286
共同研究(自由課題) 継続 2年次目 [PDFファイル/2.05MB]

287 - 316

共同研究(学長課題) 継続 2年次目 [PDFファイル/558KB]

317 - 323

共同研究(自由課題) 継続 3年次目 [PDFファイル/1.56MB]

324 - 345

採択者・各頁数

【大学院学生】
氏名研究課題

三澤祐嗣

インド思想における世界構成原理の研究―サーンキヤ思想を中心として―13
金子はな広瀬惟然の説話伝承研究17
松野聡子「近世秋田藩の在地修験と地域社会」21
木野村樹里親による子殺し事件の判例の内容分析26
茆海燕中国農村部における高齢者生活支援システムの実態30
河合純就労移行支援事業所における発達障害者の学齢期の課題調査について
特別支援教育を受けている学齢期の発達障害と比較して
33
鈴木将史ポリリン酸蓄積細菌群固定化担体を用いた下水からのリン回収技術開発39
櫛田卓志超好熱性アーキアThermococcus kodakarensis染色体DNAの耐熱化機構の解明44
佐藤整神経前駆細胞におけるプログラニュリン依存的なSIRT1発現制御とその生理的意義48
佐藤綾美新たに特定された治療標的分子を介した新規中皮腫治療法の有用性の検証52
山田雄介ストリゴラクトンを介したイネの収量調節機構の解明56
大竹赳生体触媒に用いる超軽量化包括固定化担体の開発60
越路和弘

機能性キトサン群の創生:①キトサン型高分子

63
片岡知里モデル小型魚類メダカの免疫機能に与える銀ナノ粒子曝露影響67
平澤愛近赤外分光法に含まれる皮膚血流を分離・除去した頭蓋内酸素化動態測定法の確立71
鎌田賢太郎遺伝子組換え微生物を用いた新規非天然型トリコテセンの生産・精製・同定、およびその毒性評価75
田中彰カビ毒トリコテセン側鎖修飾酵素TRI101の解毒・自己耐性機能の解析79
松木越全断面粗石付き魚道の流れと魚の遡上についての模型実験

83

【校友】
池原陽斉平安時代の『萬燿集』研究――『古今和歌六帖』を中心に――104
小泉京美東アジアの地政学的条件と日本近代文学史に関する総合的研究108
武内大仮想世界における身体の変容 ―魔術と科学技術―111
古田正幸『伊勢物語』を中心とした平安朝物語文学の語彙研究117
小川祐喜子若年無業者支援からみる支援者の様相――地域若者サポートステーションの支援者の事例を通して―121
大久保暢俊能力課題の社会的妥当性と平均他者表象の関係―平均以上効果パラダイムを用いた実験的検討―125
渡辺芳現代日本における野宿者/ホームレスの析出過程:川崎市一時宿泊施設利用者の生活記録から129
結城裕也感情労働における労働者・管理者・顧客3極関係の社会心理学的モデルの構築―感情労働の主観的負担感およびフィードバックからの検討―133
下田俊介親密な友人を肯定化することが個人の適応に及ぼす影響137
小林麻衣自己制御場面における誘惑対処方略の検討140
下境芳典ベンチャーの成長に関する実証実験 ―量的な成長から質的な成長への転換―144
杉浦慶一中堅・中小企業の事業承継とM&Aに関する研究147
【教員】
竹野谷みゆきプロスピーカーの活動をとおして見る現代アメリカ社会のスピーチ実践に関する社会語用論研究151
幸田浩文人事部門の機能・施策と管理者育成についての文献・実態調査154
富田純一複雑な製品システムにおける技術戦略と製品開発の統合過程に関する実証研究158
菊池宏之買物弱者への効率的支援策に関る研究 ~消費者に近づく小売業における適応策の類型化と類型別採算性向上策整理を主体に~161
川崎一泰官民連携に社会資本整備と産業集積164
川瀬晃弘ワクチン接種の無料化は健康指標の改善につながったか?168
中澤克佳営利・非営利事業者の地域介護サービス市場への参入行動171
松丸亮開発途上国における地域防災(自助・共助)能力向上活動の定着化手法および方法論の開発①(国別研究:スリランカ)173
中山千尋インターンシップの効果に関する研究~ホテル企業を事例として~176
紀葉子サンパウロにおける勝ち組負け組抗争の再検討~歴史的資料の整理と分析~179
鈴木崇史実験用テキストデータと統計的機械学習を利用したコミュニケーション・スタイル指標の提案182
山本須美子EUにおける中国系移民の学校適応・不適応に関する教育人類学的研究―ドイツ・ハンガリー・イタリアを中心として―184
高橋典史「外国人集住都市」における宗教組織によるニューカマー支援に関する社会学的研究188
大上安奈安静時の静脈血管機能と生活習慣の関連性-運動と食事に着目して-192
矢野友啓がん幹細胞理論に基づいた新たながん治療法構築の可能性の検討195
長谷川輝明各種遷移錯体コアを有するミニマム糖クラスターを利用した糖鎖間相互作用の動的ハイスループット解析198
川口英夫高齢者の運動能力の簡便な定量化方法の開発201
鳴海一成タンパク質の安定性向上に向けた突然変異による分子育種206
岩渕翼高山性ミジンコの高山故障環境への適応とそれに対する環境変化の複合的な影響に関する研究209
峯岸宏明耐熱性好塩製アガラーゼの産業的実用化に向けた研究および好塩酵素の研究基盤の確立213
越後輝敦高度好塩菌の紫外線耐性216
高橋良至移動制約者のためのパーソナルモビリティビーグルの開発220
荻野剛史滞日難民に対する定住促進支援方法の課題―スウェーデンにおける定住促進支援方法との比較をつうじて―222
小河繁彦椎骨動脈の低形性に関する基礎研究:脳循環調節機能に及ぼす影響を探る。225
窪田佳寛壁面の凸状が壁面近傍の表面流に及ぼす影響229
松野浩一既存木造建築物を対象とした複層斜交重ね構法による耐震補強システムの研究233
佐々木直樹マイクロチップを用いる生体膜分子濃縮法の開発237
藤松信義

磁性粒子を用いたエラストマの材料特性制御に関する研究

240
【共同研究(自由課題) 新規】
山崎甲一日本、モンゴル、インド、中国における共生的精神文化の諸相245
大谷奈緒子研究犯罪報道における被疑者および被害者の実名とプライバシーに関する実証的研究250
長津一史グローバル化時代の境域社会における民族再編のダイナミクス――東南アジア・東アジアの地域間比較252
安藤直子ニバレノール系トリコテセンの網羅的検出系の構築263
劉文君大学のマネジメントと教育改善におけるIRの機能に関する実証研究―日本・アメリカ・中国の比較266
【共同研究(学長課題) 新規】
藤井敏信東日本大震災被災地におけるマネジメント型コミュニティ開発の研究269
【共同研究(自由課題) 継続 2年次目】
伊吹敦仏教思想に見る日本・中国・韓国の共通性と差異287
橋本泰元インドの死生観の研究―聖典・聖地・都市構造にみるインドの死生観―293
中里巧日本における先祖観の研究―古来の先祖観とその変容―297
金田英子タイにおける被災後のコミュニティ開発プロセスと公衆衛生基盤の形成要因301
北脇秀敏開発途上国における水と衛星分野の技術の選択とソーシャルビジネスに関する研究305
岩本典子理工学部英語カリキュラムにおける学生の英語習熟度とモチベーションの調査

308

角野立夫アナモックス菌群を用いた畜産屎尿発酵液肥の処理技術開発312
【共同研究(学長課題) 継続 2年次目】
今村肇共生社会における「絆」組織と「絆」スキルの実践的日欧比較研究317
【共同研究(自由課題) 継続 3年次目】
白川部達夫近世・近代の地域社会と名望家324
道重一郎資本主義の展開とイギリス近現代の再評価―歴史・思想・文化の変容に関する学際的研究―327
川野祐司福祉財源の適正化と「補完性原理」331
後藤武秀東アジア・東南アジアにおける西洋近代法と慣習法の関係336
宮西伸光食生活改善に向けた生活習慣モニタリング用高感度バイオセンサの開発340

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.