1. トップページ
  2. 研究協力・研究支援
  3. 平成29年度井上円了記念研究助成 研究報告書
MENU CLOSE

平成29年度井上円了記念研究助成 研究報告書

  • English
  • 日本語
Ⅰ 執行一覧
平成29年度 井上円了記念研究助成執行一覧 [PDFファイル/399KB] 
Ⅱ 平成29年度 井上円了記念研究助成 研究成果報告書 
大学院学生 [PDFファイル/2.89MB]13-107
校友 [PDFファイル/759KB]108-126
専任教員 [PDFファイル/1.48MB]127-190
共同研究(専任教員) [PDFファイル/571KB]191-209
共同研究(海外協定校) [PDFファイル/559KB]210-224
大型研究 [PDFファイル/787KB]225-242
共同研究(研究所プロジェクト) [PDFファイル/1.48MB]243-282

採択者・各頁数

 

Ⅰ平成29年度 個人研究 研究報告書
【大学院学生】
氏名表題頁数
三澤 博枝インド美術における形而上学的シンボリズムの研究
―細密画の叙情表現と宗教的シンボリズムの連関について―
13
市東 あや中世王朝物語にみる「月」の役割16
倉矢 匠システム正当化が性差観に与える影響―我々はいつ男と女に“違い”を望むのか―18
金子 迪大一人で生きることはなぜ時間割引率の低下をもたらすか22
陸 英善情動認知能力に対する国際比較25
鷹阪 龍太自我脅威的状況における自己愛的攻撃性と潜在的自己不一致の関連27
鷲尾 拓郎交感神経活動の脳動脈血管への直接的な影響を探る30
松井 宏介新規d-typeトリコテセンの生産条件の検討と構造・性状解析33
島村 拓実カビ毒ニバノールの検出に向けたアセチル化酵素TRI7の応用利用36
坂間 睦美流水環境中にある円柱群の抵抗特性とその周辺の流れ特性について40
高岩 裕也固有振動数の振幅依存性に基づく伝統木造建築物の構造性能評価に向けた基礎研究44
橋爪 和俊血管内皮細胞のshear stressに対する応答50
大竹 真未タケが産生するストリゴラクトンの分析と地下茎発達機構の解明53
眞塩 悠平メンタルヘルス不調の改善に食習慣が与える影響の解析56
中野 結Collapsin response mediator protein 4(CRMP4)がマウス脳内の神経細胞の移動と形態に及ぼす影響59
進藤 真登イネにおける硫黄認識部位とストリゴラクトン産生量の変化62
石内 友里骨格筋収縮依存的なCXCL10分泌制御及び機能解析65
ペレーラ イシャラMolecular and physiological analysis of high zinc accumulator rice in Sri Lanka68
吉津 葵Collapsin Response Mediator Protein 4(CRMP4)と女性ホルモンがドーパミン作動性ニューロンの生存に及ぼす影響とそのメカニズムの解明73
長谷川 翔子Micro-Tomのストリゴラクトン欠損系統の生育特性評価76
宮竹 孝弥社会的包摂をめざす社会的企業の就労支援プロセスとイノベーション79
坂中 勇亮日本スポーツ少年団の設立過程に関する歴史研究82
吉良 裕一郎ラット膝蓋骨における海綿骨の構造と血管分布に及ぼす加重低減の影響85
中井 真悟運動不足に伴う小児期の骨折を想定した発育期ラットの加重低減に伴う骨折線の組織学的解析88
佐藤 知晶科学的根拠に基づいた前立腺がん予防に有効なビタミンEサプリメントの開発90
春日 優子ボイセンベリー由来のアントシアニン類による大腸がん予防効果に関する研究94
上野 はるかエピジェネティック修飾に着目したビタミンE誘導体の抗中皮腫作用の解析97
峰松 明也子女性アスリートの疲労骨折に対するホモシステインおよびMTHFRの一塩基多型の影響101
山本 かおりアスリートにおける睡眠時刻に関連する遺伝子の一塩基多型と食習慣との関連104
【校友】
大内 瑞恵東洋大学附属図書館所蔵古典籍と中心とした近世国学・和歌の研究108
池原 陽斉平安時代前中期における『萬葉集』の受容と流布111
飯塚 勝重哲学館出身能海寛の三次に亘るチベット探検行について―『在渝日記』に見るラサ到達への信念と執着114
下田 俊介日本語版IPANATを用いた感情測定118
杉浦 慶一日本におけるプロフェッショナル経営者に関する研究120
土屋 貴大関節リウマチ新規治療ターゲットとしてのLayilinの関節炎への病態関与の解明124
【専任教員】
村田 奈々子近代ギリシア世界におけるヘレニズム―メガリ・イデアとギリシア人アイデンティティ127
後藤 はる美近世イングランドにおけるカトリック信仰――対抗宗教改革とブリテン諸島130
伊藤 摂子小学校外国語活動指導のための学生用テキストの開発―STD法を用いたテキスト―132
幸田 浩文ローカルスモールビジネスの地域経営圏の確立―長寿・売薬企業の文献・実態調査研究―135
室松 慶子リーダーシップ開発のためのエグゼクティブ・コーチングによる視点と行動の変容の研究139
李 芝妍生命保険約款の解釈問題143
山田 和明評判情報サイトのレビュアー評価を用いた製品/サービスの適正な価値とゆらぎの推定146
新藤 康弘革新的超音波診断技術の確立を目的とした3次元同位置計測システムの開発149
久保寺 貴彦道路舗装下の埋設管の位置測定の向上に関する研究152
山崎 丈明作用素平均とその応用の研究156
中挾 知延子南イタリアリアーチェの多民族共生社会におけるコミュニケーションネットワークの研究162
佐々木 茂地域文化によるグローバル・マーケティング戦略166
児島 伸彦自閉症リスク因子としての代謝型グルタミン酸受容体とシナプス病理をつなぐ分子機構169
長谷川 輝明FIDA-Po法を用いたガングリオシド糖鎖間相互作用のハイスループット解析172
大迫 正文低周波治療器を用いた骨量改善における機序の解明と方法論の開発175
高橋 良至高齢者の移動の質を向上するパーソナルモビリティビークルの研究178
大上 安奈運動トレーニングに伴う静脈血管伸展性の適応は動脈血管機能の向上と関連するのか?181
水木 徹がん治療や医療用検査デバイスに応用可能な新規ナノ材料の開発184

 

Ⅱ平成29年度 共同研究 研究報告書
【専任教員】
氏名表題頁数
滝川 国芳長期欠席せざるをえない病気療養児へのICT活用による教育支援システム開発研究191
藤井 信幸産業集積とイノベーション――中小企業の特許出願動向を中心に194
室山 泰之ニホンジカの知覚・認知特性の解明と被害管理手法の開発198
村尾 祐美子労働市場における社会的資源配分に対する「女性活躍推進」施策のインパクト201
吉田 泰彦マイクロ腫瘍組織モデルを基盤とする診断・治療ナノ薬剤開発204
政春 尋志マルチバンド空中写真による都市内植生の詳細調査手法の開発207
【海外協定校との共同研究】
伊吹 敦中国人民大学・金剛大学校と結んだ交流協定に基づく国際シンポジウムの共同開催210
石田 仁志日本・ヨーロッパ・台湾における文化コミュニケーション及び日本文化表象研究214
金子 律子脳の性転換メカニズムに関する研究
―雄性ホルモンにより雌ティラピア終神経節に起こる神経回路網変化のメカニズム解明―
219

 

Ⅲ平成29年度 大型研究特別支援助成 研究報告書
【新規】
氏名表題頁数
谷地 快一日本文化の背景となる仏教文化の研究225
後藤 武秀「一帯一路」経済政策による中国経済の海外進展とその関係諸地域に及ぼす文化的影響231
近藤 和雄MTHFR遺伝子多型に着目した新たな生活習慣病予防・治療の可能性の検証236

 

 

Ⅳ平成29年度 共同研究 研究所プロジェクト 研究報告書
【新規】
氏名表題頁数
伊吹 敦東アジアにおける仏教思想の成立と展開、並びにその意義の解明243
白川部 達夫越後宮川新田高橋家文書の研究249
鈴木 道也グローバル時代の歴史学――社会史・文化史を再考する252
子島 進在日ムスリムによる多文化共生社会構築の試み―インドネシア人、トルコ人、パキスタン人の宗教ネットワークを事例に255
【継続2年目】
三沢 伸生アジア諸言語史資料の汎用性データベース開発と構築261
【継続3年目】
渡辺 章悟般若経の教理・儀礼・実践の総合的研究267
井上 貴也珠江デルタ地帯における西洋近代法と伝統的宗法規範の対立と同化に関する研究272
森田 明美被災地における子どもと子育て家庭の居場所づくりに関する取り組み構築―当事者参加型支援モデルを手掛かりにして277

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.