1. トップページ
  2. 研究協力・研究支援
  3. 平成28年度井上円了記念研究助成 研究報告書
MENU CLOSE

平成28年度井上円了記念研究助成 研究報告書

  • English
  • 日本語
Ⅰ 採択一覧
平成28年度 井上円了記念研究助成執行一覧 [PDFファイル/356KB] 
Ⅱ 平成28年度 井上円了記念研究助成 研究成果報告書 
大学院学生 [PDFファイル/3.32MB]9-109
校友 [PDFファイル/905KB]110-141
教員 [PDFファイル/1.58MB]142-196
共同研究(専任教員) [PDFファイル/527KB]197-214
共同研究(継続)3年次目 [PDFファイル/848KB]215-228
海外協定校 [PDFファイル/522KB]229-244

採択者・各頁数

 

Ⅰ平成28年度 個人研究 研究報告書
【大学院学生】
氏名表題頁数
堤 博枝インド美術における形而上学的シンボリズムの研究
―細密画の叙情表現と宗教的シンボリズムの連関について―
9
園田 沙弥佳インド密教における五護陀羅尼について13
市東 あや作り物語における「月」の表現史17
小池 辰典戦国時代初頭における幕府・諸大名関係について20
上村 正裕日本古代の王権と近臣24
荻 翔一キリスト教会を移動する在日コリアンの信仰―地域間比較を通して―28
新井田 恵美男性は短期配偶志向が強いというのは本当か―評判と男性の短期配偶との関連―31
金子 迪大情報探索が情動持続に及ぼす影響35
佐藤 弘基異種糸状菌の生合成経路を利用した非天然型A型トリコテセンの創成とその生理活性評価39
杉江 雄太有用土壌微生物を利用したNivalenol系カビ毒の解毒分解と簡易検出系の構築43
田中 希望カビ毒トリコテセンのC3位アセチル化酵素Tri101~自己耐性酵素としての役割の証明とその応用利用48
清水 香里抗生物質曝露がメダカ孵化仔魚の生体恒常性維持機能に与える影響52
塩澤 伸哉がん幹細胞発がん理論に基づく有効ながん予防食素材のスクリーニングシステムの構築56
鈴木 達規ティラピア脳での性転換メカニズムの解明
-雄性ホルモンによりメス脳内で新生された生殖腺刺激ホルモン放出(Gnrh)ニューロンはどこで誕生するのか-
61
斉藤 道子若年者における静脈血管伸展性を高めるための持久性運動プログラムの構築
~トレーニングパターンの違いに着目して~
65
掛川 竜馬シナプス構造可塑性における代謝型グルタミン酸受容体の役割の解明68
代 芙美子シアロオリゴ糖修飾トリスフェナントロリン鉄錯体の合成と動的コンビケムによる糖鎖間相互作用解析72
中村 真基綿実テルペノイドであるゴシポールの精製法の確立と配糖体化76
片岡 知里病原体の魚体内挙動に与える銀ナノ粒子曝露影響研究80
岩村 真帆糖鎖間相互作用のハイスループット解析を指向した蛍光標識オリゴ糖の一分子動的挙動解析84
松井 光恵マルチサブユニット型カチオン/H⁺アンチポーターにおけるイオン輸送サブユニットの同定87
松岡 亮次ポリフェニルアセチレン型糖鎖高分子の合成とそのコンホメーションのオリゴ糖応答性91
神尾 強司異なる加重条件がラット大腿骨の骨質および骨膜の構造に及ぼす影響95
ボラ アンキタPlga-loaded Gant 61 nanoparticles for cancer therapy 99
ロチャニ・アンキット・カナイヤラルSurface Coated Magnetic Nano Balls for Cancer Therapy 105
【校友】
古田 正幸『藤原長能集』の諸本および人物の研究110
大内 瑞恵稲葉文庫を中心とした近世国学・和歌の研究113
三澤 祐嗣インドにおける宗教の民衆化と哲学的理論の実践的応用の研究117
小川 祐喜子「自己意識的感情」研究からみる若年無業者支援者の自我の様相
――支援者の「感情労働」の現状を手がかりに――
121
下田 俊介効果的な自己肯定化の手法の開発と検証125
小林 麻衣なぜ不正をするのか:自己制御の観点からの検討128
木口 恵美子障がい者福祉におけるパーソンセンタード(本人中心)アプローチの制度と実践に関する日豪比較研究131
杉浦 慶一日本企業の海外展開とクロスボーダーM&Aに関する研究135
下境 芳典スモールビジネスの海外進出が国内での経営に与える影響139
【専任教員】
菊池 宏之買物困難者対応としての価値共創型小売業システムに関する研究142
董 晶輝リアルオプション・モデルにおける投資実行のタイミングに関する研究145
芦野 訓和物の製作請負における瑕疵担保責任の実態調査に基づく総合的研究148
大野 公賀豊子愷による中国語訳『源氏物語』に関する研究152
井上 美雪英文学における10代の妊娠:表象と連帯の(不)可能性155
井沢 泰樹触法精神障害者を対象とした農村部における実践的Actプログラムの研究157
榊原 圭子増加する働く女性のワークストレスと対処資源としてのメンタリング160
新藤 康弘内部温度計測機能を有する、自動至適制御型超音波リハビリテーションシステムの開発164
堺 和人広い運転範囲で飛躍的な省エネと自在制御機能を有する可変速電気機器システム167
金子 律子Crmp4タンパク質が関わる脳の性差についての研究173
廣瀬 圭子仕事と介護を両立する家族の介護離職防止に関する研究178
實方 由佳子ども虐待対応における専門職間連携内の共通認識形成に関する研究182
大迫 正文低周波治療器を用いた骨の健康維持法の開発に関する研究188
水村 容子集合住宅地における持続可能な福祉コミュニティ成立要件に関する研究

192

 

Ⅱ平成28年度 共同研究 研究報告書
【専任教員】
滝川 国芳通学が困難な病気療養児へのIct活用による新教育システムとカリキュラムの開発研究197
滝澤 美帆成長力強化に資源の効率的配分が果たす役割
―マクロ・ミクロ両視点からのアプローチ―
201
室山 泰之ニホンジカの知覚・認知特性の解明と被害管理手法の開発204
荒又 美陽東京オリンピック2020をめぐる言説とポリティクス―脱工業化時代の成長戦略の分析207
荒巻 俊也途上国における住民のオーナーシップ向上を目指した水利用システムのデザイン手法211
【継続3年次目】
大谷 奈緒子研究犯罪報道における被疑者および被害者の実名とプライバシーに関する実証的研究215
安藤 直子ニバレノール系トリコテセンの網羅的検出系の構築218
藤井 敏信東日本大震災被災地におけるマネジメント型コミュニティ開発の研究222
劉 文君大学のマネジメントと教育改善におけるIRの機能に関する実証研究―日本・アメリカ・中国の比較226
【海外協定校との共同研究】
鈴木 道也近代化言説の再検討-近代女性の言語表象に関する日仏共同研究-229
川崎 一泰日欧マクロ経済政策の比較と財政金融政策のあり方に関する研究232
芦野 訓和デジタルネットワーク社会における契約当事者としての「人」と「法」235
髙橋 儀平東アジア地域におけるバリアフリー、ユニバーサルデザインの標準化と居住環境整備に関する研究238
金子(大谷) 律子脳の性転換メカニズムに関する研究―雄性ホルモンにより雌ティラピア終神経節に起こる遺伝子発現変化―241

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.