1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 高等教育推進センター
  4. 【学生FDチーム】学生FDサミット2015夏@追手門学院大学に参加しました
MENU CLOSE

【学生FDチーム】学生FDサミット2015夏@追手門学院大学に参加しました

  • English
  • 日本語

「学生FDサミット2015夏@追手門学院大学」に参加しました

学生FDしていますか?~本当に大学が“よく”なっている!?~

日時:2015年9月2日(水)・3日(木)   会場:追手門学院大学


9月2日(水)、3日(木)に、追手門学院大学で「学生FDサミット夏~学生FDしていますか?本当に大学が“よく”なっている!?~」が開催されました。このサミットに、私たち東洋大学学生FDチームからは職員1名を含む7名で参加しました。

今回のサミットでは、様々なプログラムを通して自団体の活動の位置づけや目的を考えて、これからの学生FD活動に役立てることを目的に、様々な議論を行いました。

1日目のオープニングでは、自分たちの団体で行われている活動が「学生・教職員のどちらに向けた活動なのか?その活動は向上させるためにあるものなのか?改善するためにあるものなのか?」といった活動の位置づけを見直す企画が行われました。この企画は、現在私たち学生FDチームが進めている企画の位置づけや目的を見直すという点で、とても良い機会となりました。

また、他大学による事例紹介では「岡山大学」「京都産業大学」「芝浦工業大学」「追手門学院大学」「山口大学」の5校がそれぞれの活動紹介を行いました。どの団体も大学での位置づけや活動内容が異なっていて、特に芝浦工業大学のSCOTという活動が印象的で、教員からの依頼を受けて、実際に学生がその教員の担当している授業に参加し、板書の仕方等の細かい部分まで観察し、学生目線から改善すべき点などを教員に報告するといったことを行っていることを知りました。また、このSCOTに参加するためには授業コンサルティングに必要な基礎的技能を身につけるための研修を受ける必要があることに驚き、活動内容だけでなく形態そのものも全く違うことに気付かされました。

パネルディスカッションでは、京都文教大学の村山孝道さん、山口大学の林透先生、創価大学の山崎めぐみ先生、大阪大学の佐藤浩章先生が発表を行いました。学生FDの現状の解説から始まり、学生FDの出発点や発展していった経緯、海外の授業改善団体の事例といったお話があり、特に学生FDに携わる学生の専門性の必要有無といった内容は難しかったですが、FDに対する専門的な知識を持ちながらも一学生としてFDの知識にとらわれない考え方をもつことはかなり厳しいことではないだろうかと考えました。

1日目を通して、多様な学生FD活動の存在を知ると同時に、パネルディスカッションではより専門的な話があり、分からなかった部分があったので、もっと学生FDについての知識を深めなくてはならないと考えました。

2日目は「大学混合のしゃべり場」と「大学ごとのしゃべり場」の2つが行われました。大学混合のしゃべり場では、学生FDの活動歴によってグループ分けが行われました。学生FD歴が2年以下の学生や教職員で構成された私のグループでは、学生FD活動を行う中での課題を挙げ、それを改善していくことが大学を良くすることにも繋がるだろうということで「大学をよくするためには」というテーマを組織論的な観点から話し合いました。また、「学生FDスタッフの募集に関する広報はどういった方法をとると良いのか」という話の中で挙げられた新入生向けの書類の中に同封するのはどうだろうかという案は、スタッフ募集のための有効な手段として検討していきたいと思いました。その後に行われた大学ごとに分かれて行うしゃべり場では、この2日間を通しての感想や知識を共有して、サミットで学んだことを参考に、「東洋授業への声コンクール」では広報のポスターを学生の興味を引くようなものにするといったことや、教員・職員・学生が三位一体となって活動を行うといった今後の活動目的や計画を見直していきました。

このサミットを通して、様々な形態の学生FDがあることを知ることができました。また、私達の活動はバランス良く、学生と教員どちらにも向けた活動を行えていることが改めて理解出来たので、今回のサミットの目的は達成できたのではないかと思いました。

このサミットで得たことを活かして、これからの活動に取り組み、学生がより主体的に学び行動し、東洋大学生であることに誇りを持てる大学を目指して努力していきたいと思います。

pic  pic pic

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.