1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 社会学部メディアコミュニケーション学科
  5. Yomiuri Shimbun publishes story on dance research led by Professor Umino (Department of Media and Communications) //海野教授(メディアコミュニケーション学科)のダンス研究が読売新聞で紹介される
MENU CLOSE

Yomiuri Shimbun publishes story on dance research led by Professor Umino (Department of Media and Communications) //海野教授(メディアコミュニケーション学科)のダンス研究が読売新聞で紹介される

  • English
  • 日本語

An article on dance research conducted by Professor Bin Umino (Department of Media and Communications) appeared on page 10 of the Yomiuri Shimbun (Tokyo evening edition) on Friday, December 8.

Titled “Integration of AI and Dance,” the article, which was published in a five-column format with a color photo, talks about the 3DCG choreography simulation software developed by Professor Umino and his team.

Professor Umino is also a dance critic.

Department of Media and Communications
Professor Bin Umino


12月8日(金)の読売新聞(夕刊・東京)第10面に、メディアコミュニケーション学科の海野敏教授が行っているダンスに関する研究を紹介する記事が掲載されました。

「AIとダンス融合」と題された5段組、カラー写真掲載の記事で、海野教授らが開発した3DCGによるダンス振付シミュレーションソフトについて紹介しています。

なお、海野教授は舞踊評論家の肩書でも活動しています。

社会学部メディアコミュニケーション学科
海野敏教授