1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 生命科学部応用生物科学科
  5. 応用生物科学科教員紹介(東端 啓貴)
MENU CLOSE

応用生物科学科教員紹介(東端 啓貴)

  • English
  • 日本語

研究室名

極限生命材料工学研究室

  

指導教員名

東端 啓貴

  

主な研究テーマとその内容

テーマ

応用微生物学・超好熱菌由来酵素の生化学的解析

内容

DNAの複製、転写および翻訳などの生命現象(セントラルドグマ)は生命の根幹をなし、その重要性故に微生物から人に至るまで、その基本システムはほぼ同じである。生物界は真核細胞、細菌、アーキアの3つのドメインに分類される。アーキアは、核がない等、形態上は細菌と類似した特徴を示すが、セントラルドグマに関係する遺伝子・酵素は、真核細胞のそれに極めて類似しており、そのシステムは真核細胞よりも単純である。アーキアという系統は、80℃以上の高温で生育する超好熱菌、極めて高い塩濃度下で生育する高度好塩菌や、酸性環境下で生育する好酸性菌など、極限環境下で生育する微生物が多くを占める。原始地球で生まれた我々の共通の祖先は、超好熱菌であったという説がある。この説に従えば、共通の祖先に最も近い現存生物は超好熱菌であると考えることができる。超好熱菌を研究することによって、共通の祖先に迫ることができるか興味が持たれる。また、超好熱菌が生息する高温環境下では、いわゆる「普通」の生物のタンパク質は、ゆで卵のように茹であがって(変性して)しまうが、この微生物のタンパク質はそのような環境ですばらしい機能を発揮する。それ故、超好熱性アーキアは、「生物進化の解明」と共に「耐熱性酵素の産業応用」という側面からも注目されている微生物である。

当研究室では、超好熱性アーキアのセントラルドグマに関係する核酸関連酵素を中心に研究を進め、「生物進化の解明」と「耐熱性酵素の産業応用」を目指している。

研究室入室希望者に望むこと

教科書には載っていない「未知」を明らかにするために研究しています。計画通りに進まないのは当たり前です。すぐに結果がでるような研究はありません。研究には失敗はつきものです。「未知」を「既知」にするには根気が要りますが、やりがいを持って打ち込むことができると思います。失敗を恐れずに積極的な姿勢でチャレンジする方をお待ちしています。