1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 社会貢献センター
  4. ボランティア体験会 2017 Wintervolunteer Fair 2017 Winter 東洋大生が考える、日本の今、世界の未来 実施報告
MENU CLOSE

ボランティア体験会 2017 Wintervolunteer Fair 2017 Winter 東洋大生が考える、日本の今、世界の未来 実施報告

  • English
  • 日本語

東洋大学ボランティア支援室ボランティア体験会 2017 Winter
Volunteer Fair 2017 Winter 東洋大生が考える、日本の今、世界の未来 実施報告

2017年12月1日(金)、白山キャンパスのスカイホールで「ボランティア体験会2017Winter」を開催いたしました。ボランティア体験会では、ボランティアに対するイメージがわからないといった学生に対して、実際にボランティア・社会貢献の現場を体験していただく機会となっており、本学学生を中心に多くの方々が参加されました。

 

この他にも、ボランティア活動に参加した学生の報告や振り返りの場としての展示やフェアトレードを展開し、ボランティア実践者の声を実感できる体験会となりました。

~活動展示~

(1)書を捨てずに野に出よう!(青木ゼミ)…「東洋大学の環境改善」をテーマに、ゼミ生による地域活性化へ向けた活動を紹介。

(2)北区子ども食堂…東京都北区職員よる子ども食堂を実施している団体の紹介。

(3)てこらCafé(北区)…地域の子どもたち(不登校児童など)の見守りや居場所を提供する団体の活動報告。

(4)スペシャルオリンピックス(志村ゼミ)…知的障がいのある人たちのスポーツの機会を提供し、社会参加を促進する世界的な活動を実際にイベントへ携わったゼミ生が紹介。

(5)学生ボランティアセンター…中越地震や東日本大震災などにおける被災地支援をはじめ、地域貢献活動や環境保全の清掃活動などを展示で紹介。

(6)NPO法人CFF…海外ボランティアプログラムを展開するCFFの活動報告。

~体験型プログラム~

(1)小学生の放課後居場所づくり事業きゃんぱす…朝霞キャンパス内で、小学4~6年生の子ども達の学習支援と遊び支援を行う「きゃんぱす」。日頃の活動の中から、子ども達と一緒に行う「べっこう飴づくり」を参加者と一緒に体験するプログラム。

(2)オカモト株式会社社会貢献フィールドワーク/川原ゼミ…世界エイズデーの啓発活動に向けて、その活動で使う配布物の準備作業(使い捨てカイロに学生が考えたメッセージを印刷したシールを貼る作業)を実施。

(3)文京区オリンピック・パラリンピック担当…パラリンピックの正式競技である「ボッチャ」を実際に体験。東京2020オリンピック・パラリンピックをきっかけに区民のみなさんがチャレンジしてもらえるような取り組みを実施。また、イベント等で活躍する着ぐるみを実際に着てみる体験も行われました。

(4)ゴールボール体験(本学社会福祉学科3年山口凌河選手)…パラリンピックの正式競技であるゴールボールを実際に体験。その魅力を東洋大学生の山口凌河さんが選手目線で伝えました。

(5)東日本大震災子ども支援(森田ゼミ)…被災地支援の活動報告や活動宣伝ポスターを作りました。

(6)Smile F LAOS…算数教育支援プロジェクト。活動紹介とともに算数ボックスの作成を体験するプログラム。完成した算数ボックスはラオスの子ども達へ寄贈されます。

(7)着て体験、撮って実感、国際理解!…様々な国の民族衣装を自由に試着体験し、それぞれの国のイメージ背景で記念撮影をするプログラム。

(8)東洋大学バリアフリー推進室…聴覚障がいへの理解を促すとともに、聴覚障がい学生支援(機器)を体験するプログラム。

(9)日本文化体験…(留学生を中心に)お茶・書道・折り紙等の日本の文化を体験するプログラム。

~物販・展示~

(1)Heart Bazaar…フェアトレード商品の販売や展示活動報告。

(2)Salamat…展示パネルを使用した活動紹介と石鹸の販売。

(3)福島ワークショップ~いわき市の食とつながる~…活動内容の展示といわき市から取り寄せた商品の販売。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)