1. トップページ
  2. About Toyo University//東洋大学について
  3. 学部・学科
  4. 男女共学100周年記念特設Webサイト
  5. 学生参加企画「男女共学100年の歴史と未来-ダイバーシティ推進への新たな挑戦-」の成果報告会を開催いたしました。
MENU CLOSE

学生参加企画「男女共学100年の歴史と未来-ダイバーシティ推進への新たな挑戦-」の成果報告会を開催いたしました。

  • English
  • 日本語

東洋大学男女共学100周年記念事業 学生参加企画
「男女共学100年の歴史と未来-ダイバーシティ推進への新たな挑戦」の成果報告会を開催

 2016年10月23日、東洋大学男女共学100周年記念事業における学生参加企画「男女共学100年の歴史と未来-ダイバーシティ推進への新たな挑戦」の成果報告会を白山キャンパス井上円了ホールで開催しました。

 本報告会は、一連の男女共学100周年記念事業における学生参加企画として、5月から実施してきた「男女共学」「女子教育」「男女共同参画」や「ダイバーシティ」に関する学生グループの調査・研究の成果報告会となります。

 当日は「東洋大学ホームカミングデー」とのタイアップ企画として実施し、本学の卒業生とともに、ダイバーシティ推進に向けた本学のあるべき未来を検討していく場となりました。

 出場グループは、10月15日(土)に行われ予備審査会において、全17チームから選出された以下の5チームです。

学生グループ

No

活動タイトル代表学生所属
1東洋大学2116年~次の100年に向けて~荻原 茉那            経済学部総合政策学科
2The influence of education to women's life in Japan栗田 嘉一国際地域学部国際地域学科
3近代における女子の大学教育と栗山津禰田村 妙子文学研究科日本文学専攻
4瀬川清子の足跡をたどる泊 健一朗福祉社会デザイン研究科福祉社会システム専攻
5女性建築家の活動の変遷について菊地 真保理工学研究科建築学専攻
ab c  
グループNo1グループNo2グループNo3
de
グループNo4グループNo5

 どのグループもそれぞれのテーマを深く掘り下げ、所属している学部・学科/研究科・専攻の特性を活かし、また、随所に工夫がちりばめられた発表であり、審査員も最後の最後まで甲乙のつけがたい内容でした。

qw

【審査員】

竹村 牧男 学長

唐木 重典 甫水会長

神田 雄一 副学長

松原 聡 副学長

発表の様子

 待ち待ちにまった審査結果発表の瞬間、最優秀賞に選出されたチームからは歓喜の声があがりました。

ju

優秀賞受賞チーム①

「近代における女子の大学教育と栗山津禰」

賞状と副賞の授与の様子
nm

優秀賞受賞チーム②

「瀬川清子の足跡をたどる」

賞状と副賞の授与の様子
aaaz

最優秀賞受賞チーム

「東洋大学2116年~次の100年に向けて~」

賞状と副賞の授与の様子

 東洋大学は今後とも、学生、教員、職員が一丸となり、ダイバーシティの推進に努め、日本社会の未来を拓く役割を担っていきたいと考えています。

 


成果報告会出場チームのプレゼン資料

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.