1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター
  5. Special Interview - Episode 1007//インタビューシリーズ Episode 1007
MENU CLOSE

Special Interview - Episode 1007//インタビューシリーズ Episode 1007

  • English
  • 日本語

Big Bang Interactions with Superb Researchers

Episode 1007
Ms Karwei So
University of Oxford, U.K.

Ms Karwei So and Prof Toru Maekawa
Ms Karwei So and Prof Toru Maekawa

A research proposal made by Ms Karwei So; PhD candidate of the University of Oxford, was accepted by the British Council and she carried out collaborative research on “Synthesis of novel carbon nano structures and materials” at the Bio-Nano Electronics Research Centre from 16th June to 18th August 2015 as part of “JSPS Summer Programme 2015”.

Several advanced results having been obtained, the Bio-Nano Electronics Research Centre and the Materials Science Group at the University of Oxford agreed to initiate collaborative studies focusing on the following subjects;

1.  Synthesis of magnetic buckypaper

2.  Functionalisation of magnetic buckypaper with biomolecules for capturing target molecules and cells

3.  Manipulation of magnetic carbon nano structures and materials (development of nano robotics)

Please introduce yourself and your university.

KimonoMy name is Karwei So and I am a second year doctoral student in the Materials Science department at Oxford University. My D.Phil is a three and half year project, funded by the Engineering and Physical Sciences Research Council (EPSRC). I belong to the Nanomaterials by Design group, headed by Professor Nicole Grobert, my supervisor. I am co-supervised by Doctor Frank Dillon. Prior to my D.Phil, I studied for my undergraduate degree, a combined Masters, at the University of Durham. I studied Chemistry and it was my fourth year project in Crystallography that led to my interest in research on the atomic level.

The University of Oxford is the oldest university in the UK, although the exact founding date is unknown. There is, however, evidence of teaching dating as far back as 1096. It is one of the few universities to have a collegiate system, along with University of Durham, and our rivals, University of Cambridge. There are a total of 38 colleges in Oxford and I belong to Wolfson College, which is a postgraduate only college. The key difference between the colleges and the halls of residence at other universities is that the colleges are self-governing; they have control over their own membership, internal structure and activities. Additionally, colleges have an active role in teaching for the undergraduates, with tutorials taking place at college.

What is your recent research topic? 

My current research project focuses on the production of carbon nanotubes (CNTs) filled with magnetic metals. There has been a lot of work on CNTs over the years, however the magnetic filling adds a new dimension to these materials. It is the magnetic filling that I believe makes my research exciting as it provides an additional parameter to be controlled and exploited. For instance, the magnetic filling allows for the CNT to be easily manipulated using an external magnetic field. Many applications for these materials can be envisioned, ranging from cancer treatment via hyperthermia, through to data storage.

What inspired you to become a scientist?

From an early age, I have always been inquisitive, with a particularly strong interest in understanding in how and why things behave as they do. This naturally developed into a strong interest in science, particularly in Chemistry. During my undergraduate, I developed a passion for research, which ultimately led me to my position as a D.Phil student. Nanotechnology, though a relatively young research area, has the potential to revolutionise technology, as we know it. The ability to control matter on such a small scale is very exciting to me and I am thrilled to be working on such cutting-edge science.

You were selected as a research fellow of JSPS Summer Programme and have spent 2 month in Japan. How has your life at BNERC and in Japan been?

I am very thankful to the JSPS and the British Council for providing me with the wonderful opportunity to work in BNERC and experience life in Japan. I have thoroughly enjoyed my time here; everyone has been so welcoming and helpful. I have made new friends, fond memories and new discoveries during my time at BNERC, my only regret is that I couldn’t stay for longer! My time in Japan has been fantastic and I will never forget my time there. I am lucky to have met so many inspirational people, who helped me develop new ideas. I look forward to continuing to work with you all.

You presented your research at the international symposium held by the Bio-Nano Electronics Research Centre and Graduate School of Interdisciplinary New Science, Toyo University in 2014. Please tell us about it.

SymposiumI attended the BNERC international symposium in November 2014. This was my first time travelling to Japan and visiting BNERC. I presented my work from my first year on optimising the synthesis parameters to produce Fe-filled CNTs in both high quality and quantity. During my time at the symposium, I was impressed by the facilities available at BNERC; they had all the equipment I would need to carry out my work. This, alongside the impressive talks given by people from BNERC, inspired me to come to BNERC to conduct research.

What are your dreams and goals regarding future research?

First and foremost, I aim to continue the collaboration that was set up with BNERC over the summer. The work conducted was really interesting and I look forward to seeing what the final results will be. Back in Oxford, I will investigate different metal fillings for my CNTs and work on further improvements to the properties of the CNTs that I produce. I would like to continue research on the cell cytotoxicity of CNTs as well as seek out further applications for which my materials are suitable. With regards to after my D.Phil, I cannot see into the future but I know for sure that I will continue to work on pushing the boundaries of science!

インタビューシリーズ
「Big Bang Interactions with Superb Researchers」

Episode 1007
英国・オックスフォード大学 博士後期課程学生
カーウェイ・ソウさん

Ms Karwei So and Prof Toru Maekawa
Karwei Soさんと前川透センター長

オックスフォード大学の博士後期課程の学生であるMs Karwei Soが「日本学術振興会サマープログラム2015」の一環として、バイオ・ナノエレクトロニクス研究センターで、「新規カーボンナノ構造の創成」に関する共同研究を実施しました(2015年6月16日~ 8月18日)。

本共同研究を契機として、今後、オックスフォード大学材料科学グループと連携して、3つの共同研究を実施することとしました。

1. 磁性バッキーペーパーの作製

2. 磁性バッキーペーパー表面の生体分子修飾およびターゲット細胞の捕獲

3. 磁性カーボンナノ構造体のマニピュレーション(ナノロボティクスの創成)

自己紹介と大学の紹介をお願いします。

Kimono

こんにちは、私はKarwei Soといいます。イギリス・オックスフォード大学材料科学部の博士後期課程の2年です。物理科学研究委員会(EPSRC)の資金援助により、3年半の予定の博士後期課程の研究を進めています。Nanomaterials by Designグループに所属していて、指導教員はNicole Grobert教授、副指導教員はFrank Dillon博士です。ダラム大学で化学を学び、博士前期課程を修了しました。4年のプロジェクトで結晶学を学んだことで、原子レベルの研究に興味がわいてきました。

オックスフォード大学は、英国で一番古い大学ですが、正確な創立年は分かっていませんが、1096年に講義が行われた証拠があります。オックスフォード大学やダラム大学、それにライバルのケンブリッジ大学は、世界でも数少ないカレッジ制度を導入している大学です。オックスフォード大学には38のカレッジがあり、私は大学院生のみを受け入れるウォルフソン・カレッジに所属しています。カレッジと他の大学での学生寮との違いは、カレッジは学生によって運営されていることです。入学者選抜や内部規則、行事などを自分たちで取り仕切っています。またカレッジでは、学部生の個別指導や講義も実施しています。

研究テーマは何ですか?

私の現在の研究は磁性金属で充填されたカーボンナノチューブ(CNT)を作ることです。CNTに関しては何年間にもわたり多くの研究が行われてきましたが、磁性金属の充填はCNTの新しい可能性を広げることができます。また、磁性金属によるCNTの充填が様々な機能を制御したり活用するための新しい指標となりうるため、私の研究自体を興味深いものにすると信じています。例えば、磁性金属による充填は外部磁場によるCNTの位置制御を可能にしますし、ガンの温熱治療から磁気記憶素子に至るまで多くの応用が想定されます。

なぜ科学者になろうと思ったのですか?

子どもの頃から好奇心が強くて、特に「なんでこうなるのか、どうしたらこうなるのか」ということをいつも疑問に思っていました。そんな好奇心がそのまま科学、特に化学に対する探究心となり、学部での研究を進めることで、さらに大学院で学びたいと思うようになっていきました。ナノテクノロジーは比較的新しい分野ですが、すばらしい技術革命をもたらすような可能性を秘めています。このような小さい物質をコントロールするということはとても刺激的で、最先端科学の研究に取り組めることを楽しんでいます。

あなたは日本学術振興会(JSPS)サマープログラムのフェローとして選ばれて、2ヶ月BNERCで研究を行っていますね。日本での、またBNERCでの生活はいかがですか?

まずは、日本に滞在してBNERCで研究するすばらしい機会を提供してくださったJSPSとブリティッシュ・カウンシルにお礼を申し上げます。サマー・プログラムを通して出会ったみなさんはとても優しくていろいろと教えてくださいました。新しい友人に出会い、新しい経験をして、本当に素敵な思い出ができました。もっと長く滞在できたらと思っています。日本での生活はとてもすばらしく、一生の思い出になりました。新しい研究のアイデアの創出につながるような人々に会い、刺激を受けることができて本当にラッキーだと思っています。

2014年にBNERCが開催した国際シンポジウムで研究成果を発表されましたね。いかがでしたか?

Symposiumはい、2014年11月にBNERC主催の国際シンポジウムで発表しました。このときが初めての来日で、1年生の時の研究である高品質かつ大量に鉄充填カーボンナノチューブを生成するための生成条件の最適化に関して発表しました。BNERCを初めて訪問して、私の研究に必要な最先端の施設や機器が設置されていることに驚きました。また、他の研究者の発表もすばらしく、ぜひBNERCで研究をしたいと思うようになりました。  

研究者としての夢は何ですか?

まずはこの夏始まったBNERCとの共同研究を継続していくことですね。本当に興味深い研究で、どんなすばらしい結果がでるか今から楽しみです。オックスフォードに戻って、まずは異なる金属充填について調査し、私の作成したカーボンナノチューブの特性の更なる改良を進めるつもりです。また、カーボンナノチューブの細胞毒性だけでなく私の材料である磁性金属充填カーボンナノチューブに適したさらなる応用の探索も進めていきたいと思っています。博士後期課程を修了した後のことはまだまだ分かりませんが、最先端の科学の研究を続けていくことは間違いありませんね!

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.