1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター
  5. Special Interview - Episode 1005//インタビューシリーズ Episode 1005
MENU CLOSE

Special Interview - Episode 1005//インタビューシリーズ Episode 1005

  • English
  • 日本語

Big Bang Interactions with Superb Researchers

Mr Mohamed Al-KindiEpisode 1005
Mr Mohamed Al-Kindi
Sultan Qaboos University, Oman

Mr Mohamed Al-Kindi, an engineer of Sultan Qaboos University, Oman, participated in the Special Internship Programme organised by the Bio-Nano Electronics Research Centre, Toyo University from 25 November to 5 December, 2014.
Note that the Bio-Nano Electronics Centre/Graduate School of Interdisciplinary New Science and the College of Science, Sultan Qaboos University, exchanged the MoU in the collaborative research and educational programmes on 9th October 2014.

Please introduce yourself and your university.

My name is Mohamed Al-Kindi. I am from Sultanate of Oman. I work as a biomedical scientist in Sultan Qaboos University, college of medicine and health sciences, department of pathology, electron microscopy unit. Sultan Qaboos University is the only government university of Oman and considered as a leading university in the country. The university consist of these colleges medicine, engineering, science, agriculture, arts, commerce and political sciences, law and education. In addition it has different support and scientific centers.

What is your recent work?

I am involved mainly in operating SEM and TEM for diagnostic and research purposes. I also get involved in teaching medical laboratory science students on dealing with samples and instruments in EM.

What inspired you to become a scientist?

Science requires hard work and makes me understand different phenomena in depth. I like science also as there are many challenges in trying getting comprehensive understanding on the techniques you study.

Mr Al-Kindi and Dr NakajimaWhat did you study during your stay at the BNERC?

During my stay in Bio-Nano Electronics Research Center I could learn several topics in electron microscopy especially scanning electron microscopy in terms of machine operation or sample preparation. I had many questions in my mind before I come and could discuss in details with the experts in this center who are so helpful and highly cooperative. I was also introduced to new topics which I was not familiar with such as Raman system, X-Ray photoelectron spectroscopy, Auger electron spectroscopy, lithography ... ect.

What are your dreams and goals regarding future research?

My dream is to do my masters and PhD degrees and become a strong researcher and able to publish a lot.

スペシャル・インタビュー

Mr Mohamed Al-KindiEpisode 1005
スルタン・カブース大学(オマーン)
モハメッド・アル-キンディさん

スルタン・カブース大学(オマーン)の電子顕微鏡の技術者であるモハメッド・アル-キンディさんがバイオ・ナノエレクトロニクス研究センターを訪れ、11月25日から12月5日の間、電子顕微鏡についてのスペシャル・インターンシップ・プログラムを受講しました。
バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター・学際・融合科学研究科とスルタン・カブース大学のサイエンス・カレッジは、2014年10月9日に教育研究連携の協定を締結しています(詳細はこちら)。

自己紹介と大学の紹介をお願いします。

私は、オマーン国から来たモハメッド・アル-キンディです。オマーン国にあるスルタン・カブース大学薬学・健康科学学部病理学学科の電子顕微鏡ユニットで、生物医学の科学者として勤務しています。スルタン・カブース大学は、オマーンで唯一の国立大学で、オマーンを代表する大学とされています。スルタン・カブース大学には薬学部・工学部、理学部、農学部、芸術学部、商学部、政治科学学部、法学部、教育学部があり、また、その他にも独自の研究センターも附属しています。 

どのような仕事をされているのですか?

診断及び研究を目的としたSEMとTEMの操作に関する業務がメインです。また、電子顕微鏡でのサンプルや機器の使用方法について、医療実験科学の学生をトレーニングすることもあります。

なぜ科学者になろうと思ったのですか?

科学には大変な努力が必要ですが、それによりいろいろな現象を深く理解することができます。また、科学を学び理解するためには多くのチャレンジが必要ということが、私が科学に惹かれる理由の一つです。

Mr Al-Kindi and Dr NakajimaBNERCではどのようなことをしましたか?

バイオ・ナノエレクトロニクス研究センターでの研修中に、電子顕微鏡、特にSEMの操作方法やサンプル準備について学ぶことができました。研修を受ける前は、いろいろと分からない点もあったのですが、同センターで電子顕微鏡の専門家の方々に親切に教えていただき、たくさんの疑問を解決することができました。また、ラマン顕微鏡やX線光電子分光分析システム、オージェ電子分光分析システム、リソグラフィーなど新しい技術やシステムについての知識を得ることもでき、充実した研修となりました

研究者としての夢は何ですか?

私の夢は、大学院に入って博士号を取得し、すばらしい研究者になって論文を発表することです。

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.