1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター
  5. Special Interview - Episode 1001//インタビューシリーズ Episode 1001
MENU CLOSE

Special Interview - Episode 1001//インタビューシリーズ Episode 1001

  • English
  • 日本語

Big Bang Interactions with Superb Researchers

guntarsEpisode 1001
Mr Guntars Kitenbergs
University of Latvia

Mr Guntars Kitenbergs carried out his Ph.D study on nano magnetism in collaborations with young researchers at the Bio-Nano Electronics Research Centre.

He stayed at the Bio-Nano Electronics Research Centre from 9th to 28th April, 2014.

[ Dr Maekawa, Mr Kitenbergs, Dr Fukuda (from left) ]

 

Please introduce yourself and your universities.

My name is Guntars Kitenbergs. Currently I am a PhD student, doing a joint degree program between the MMML lab at the University of Latvia (Riga, Latvia) and the PHENIX lab at the Pierre and Marie Curie University (Paris, France). My supervisor from the Latvian side is prof. Andrejs Cebers, but from the French side - prof. Regine Perzynski, whose effort and the fruitful collaboration with prof. Toru Maekawa gave me the opportunity to visit the BNERC.
The University of Latvia is my alma mater and it is my immediate association when I think about science in Latvia. Even though the university itself is big, the Faculty of Physics and Mathematics is rather small with only ~500 students, making the atmosphere more personal and friendly, even between students and professors. Particularly enjoyable is the active student life with many social events that have old traditions, like dance balls, boat trips, festival, and sports events. Even professors like to take part in them. Alumni of the faculty are referred as ‘FIZMATI’, which has become almost a brand name, referring to good skills and knowledge. Concerning research, most labs and groups, including MMML, are small in numbers, but compensate it with being active and having collaborations abroad.
The UPMC I have got to know only during my PhD studies. It impresses me with its scale, competence and style. The Jussieu campus with its huge and dominant logical grid-like structure contrasts the many smaller fragments of the French design, making it a perfect place for the international mix that is present there. Many facilities and research topics in one place in the combination with people from all around the world can and do provoke interesting discussions, as well as encourage various free time activities and interest groups. The PHENIX lab welcomes one with an amiable environment that comes from the packed offices of good-humored researchers. The daily rhythm might seem slow, but it is highly efficient. Only after starting to work you get to know their deep knowledge and high competence that I appreciate and try to learn from.

What is your recent research topic?

The title of my PhD thesis is ‘Macro and micro-rheology of magnetic soft materials’. It covers various phenomena connected to magnetic fluids and systems involving them, including magnetic particle diffusion, magnetic micro-convection and also magnetic liposomes, which have brought me here to Japan.

What is your motivation to do research abroad?

guntarsI believe that international research collaborations enrich both parties as they can learn from each other’s experience. In particular, spending a longer time abroad gives me a fresh look on my work and the ability to compare the different approaches. Besides, as I come from Latvia, which is a rather small country with a limited number of research facilities, collaboration allows me to try some specific experiments without the need to buy the equipment.

Please give a message to the Toyo University students who think about doing research abroad.

I strongly encourage them to try it! It will not only broaden their professional proficiency and skills, but also give an international and intercultural experience that, in my opinion, is crucial in today’s world. Surely, language and environment differences and distance from home are not easy to handle especially at the beginning, but the acquired knowledge and experience greatly outweigh them.

Are you enjoying your stay in the BNERC?

Oh, yes. It has been a wonderful experience! Of course, the modern facilities of the center are amazing, but it is the people working here that have made my stay so great.

What is your dream and goal regarding research?

My dream is to lead a research group working in the physics and biology interface in the University of Latvia. And it would be great to have collaboration with the BNERC!

 


University of Latvia, established in 1919, is the main and only classical university in Latvia. With its 15’000 students (2013), 13 faculties and more than 20 research institutes, it is also one of the largest comprehensive and leading research universities in the Baltic States. The MMML lab (Laboratory of Magnetic Soft Materials), which is a unit of the Department of Theoretical Physics of the Faculty of Physics and Mathematics, specializes in fundamental theoretical and experimental research of magnetics in soft matter.
Pierre and Marie Curie University (UPMC - Paris 6), a member of the Sorbonne University cluster, situated in Paris, France, was created in 1971 and currently has 31’000 students (2013). It is the principal heir of the Faculty of Science of the old University of Paris and focuses on excellent education and research in natural sciences and medicine. The PHENIX lab (Laboratory of Physical Chemistry of Electrolytes and Interfaces of Nano-systems) specializes in physical chemistry of colloids and porous materials at various scales and has a great experience in coupling such experiments with simulations.

インタビューシリーズ
「Big Bang Interactions with Superb Researchers」

Episode 1001
ラトビア大学 博士後期課程学生
グンタース・キテンバーグさん

グンタースラトビア大学の大学院生グンタース・キテンバーグさんが、2014年4月9日から28日までバイオ・ナノエレクトロニクス研究センターを訪れました。キテンバーグさんの博士論文のテーマであるナノ磁性について、本センターの若手研究者や学生と協力して研究を実施しました。

(左から:前川透センター長・キテンバーグさん・福田研究員)

 

 

自己紹介をお願いします。

 

私はグンタース・キテンバーグといいます。ラトビア大学(ラトビア・リガ)のMMMLラボに所属しています。今はパリ第六大学(フランス・パリ)とのダブル・ディグリー・プログラムに参加し、パリ第六大学PHENIXラボで研究しています。ラトビア大学での指導教員はAndrejs Cebers教授で、パリ第六大学での指導教員はRegine Perzynski教授です。このPerzynski教授と前川透センター長の研究連携のおかげで、今回のバイオ・ナノエレクトロニクス研究センターでの研究訪問が可能となりました。
私の母校であるラトビア大学は、科学の教育・研究で有名な大学です。大規模な大学ですが、私が所属する物理・数学部はこじんまりしていて学生数も500名以下ですので、なごやかな雰囲気で教員と学生の関係もとても親密です。古い伝統を受け継いだイベントも多く、ダンスパーティやボート下り、学園祭やスポーツイベントなど、学生だけでなく教員も楽しんで参加しています。物理・数学部の学友会は「FIZMATI」と呼ばれ、今では高水準の技術と知識を表すブランド名のようになっています。MMMLラボを含む研究ラボや研究グループは、数こそ少ないですが、海外の研究機関とも積極的に連携して研究活動を行っています。
パリ第六大学は、博士後期課程に入ってから初めて知るようになったのですが、まずはその規模や様式に圧倒されました。ジュシュー・キャンパスはとても広大で、そびえるような格子状の建物にフランス風の要素がちりばめられていて、国際的なキャンパスを形成しています。すばらしい研究施設や研究テーマが存在するこの大学に、世界中から優れた研究者が集まることで、興味深い議論だけでなく、さまざまなグループ活動も活発に行われるようになっています。PHENIXラボはとても明るい雰囲気で、フレンドリーな研究者が私のことも温かく受け入れてくれました。このラボでの毎日のテンポはゆっくりしているようですが、とても効率的に動いています。一緒に働き始めて、ラボの皆さんの深い知識とすばらしい能力に驚かされました。ぜひ皆さんからできる限りのことを学んでいきたいと思っています。

研究テーマは何ですか?

私の博士論文の研究テーマは、軟磁性材料のマクロ/ミクロレオロジー(流体学)についてです。主に磁性流体や、磁性粒子の拡散、磁性マイクロ対流、磁性リポソームなどを含む系の研究を行っています。今回、日本にいくつかの試料を共同研究の為に持ち込みました。

なぜ海外で研究しようと思ったのですか?

guntars国際的な研究連携を行うということは、両国どちらも相手方の経験を学べるというメリットがあります。長い時間海外で過ごすことで、自分のやってきた研究を新しい視点で見ることができ、今までと異なるアプローチを試して比較することができるようになります。また、ラトビアは小さい国なので研究施設も多くありません。国外の連携施設で研究を行うことで、私の所属する大学にはない設備で実験することができました。

海外留学を考えている東洋大学の学生にアドバイスをお願いします。

ぜひ海外に留学してみてください!留学することで、専門的な知識や技術を身につけるだけではなく、異文化交流を経験することができます。私は、国際的な感覚を磨くことは、今の時代には必要なことだと思っています。言葉や環境の違い、故郷からの距離など、最初は大変だと思うこともありますが、留学で得られる知識や経験はそれだけの価値があります。

バイオ・ナノエレクトロニクス研究センターでの研究生活はいかがですか?

とても楽しんでいます。バイオ・ナノエレクトロニクス研究センターの最先端機器ももちろんですが、センターの研究者やスタッフのサポートのおかげですばらしい研究生活を送っています。

将来の夢は何ですか?

私の夢は、ラトビア大学で物理学と生物学を融合する分野での研究グループのリーダーとなることです。将来はぜひバイオ・ナノエレクトロニクス研究センターと連携していきたいですね。

 

 


 

 

 

ラトビア大学はラトビア共和国の首都リガにある、ラトビア最古かつ最大の大学である。1919年に創立、13の学部と20の研究所がある。2013年現在で約15,000名の学生が学んでおり、バルト諸国でも有数の総合研究大学のひとつである。MMMLラボ(磁性ソフトマター研究室)は、物理・数学部の理論物理学科に所属する研究ユニットで、ソフトマターの磁気特性についての研究を専門に、その基礎理論の構築から実験解析まで行っている。

 

パリ第六大学(ピエール・マリー・キュリー大学)はパリ大学群のひとつで、1971年に創立、2013年現在で31,000名の学生が所属している。旧パリ大学における理学部の理念を継承し、自然科学と医学における教育・研究を行っている。PHENIXラボ(電解質-ナノシステム界面科学研究室)は、様々な大きさのコロイドや多孔質材料についての研究を専門とし、コンピューターシュミレーションと実験結果の両面から解析する手法を得意としている。

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.