1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター
  5. BNERC:Seminar on “Nanoscience and nanotechnology”//「国際セミナー:ナノサイエンス・ナノテクノロジー」を開催しました
MENU CLOSE

BNERC:Seminar on “Nanoscience and nanotechnology”//「国際セミナー:ナノサイエンス・ナノテクノロジー」を開催しました

  • English
  • 日本語

Seminar on “Nanoscience and nanotechnology” held by the Bio-Nano Electronics Research Centre

A seminar on “Nanoscience and nanotechnology” was organised and held by the Bio-Nano Electronics Research Centre as part of the International Symposia/Seminars Series”, inviting two world top scientists;

Date:           27th February 2014
Place:          International Seminar Room
                   Bio-Nano Electronics Research Centre Annex: Beta

 1  2


1. Professor Pulickel Ajayan, Rice University, Texas, USAPulickel Ajayan
Title: Materials science of atomic layers
Outline of the talk:
     Nanomaterials are classified into 1D, 2D and 3D ones. Professor Ajayan demonstrated future intelligent 2D materials focusing on single-, double- and multi-layered graphene and boron nitride. The details of the synthetic methodologies and amazing physical and chemical properties of the 2D materials were explained. The next industrial revolution may well be initiated by those 2D nanomaterials. 

2. Professor Kaustav Banerjee, University of California Santa Barbara, California, USAKaustav Banerjee
Title: 2D electronics: Graphene and beyond
Outline of the talk:
     The designing and development of ultra efficient “green” electronic devices are urgently required to solve worldwide energy problems. 2D materials such as graphene and boron nitride are promising candidates for primal elements of “green” quantum devices; e.g., room temperature electronic tunnelling transistors and bio sensors. A lot of innovative ideas about intelligent electronic and biological devices were demonstrated.


Click the titles of the talks to watch the semilar on GEOSET TOYO.

 The Bio-Nano Electronics Research Centre and the Graduate School of Interdisciplinary New Science have already started research and educational programmes with Professor Ajayan’s Research Group, Rice University, and the Institute for Collaborative Biotechnologies, University of California Santa Barbara. We discussed future “Ph.D Double Degree Programmes” with Professors Ajayan and Banerjee after the seminar. Note that the Graduate School of Interdisciplinary New Science, which was established in 2007 to create advanced young researchers in collaboration with the Bio-Nano Electronics Research Centre, has already exchanged MoUs on “Ph.D Double Degree Programmes” with l’Université Pierre et Marie Curie (Paris 6) and l’Université de Nantes, France.

「国際セミナー:ナノサイエンス・ナノテクノロジー」開催

世界的な著名研究者2名を招待し、「国際セミナー:ナノサイエンス・ナノテクノロジー」を開催しました。

開催日:  2014年2月27日
場 所: 国際セミナー室
              バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター新棟ß

 1  2

1. Pulickel Ajayan教授, Rice University, Texas, USAPulickel Ajayan
Title: Materials science of atomic layers
講演概要:
     ナノ材料は、1次元・2次元・3次元材料に分類されます。Ajayan 教授は、二次元ナノ材料として、単層・二層・多層グラフィーン/窒化ホウ素を取り上げ、新規合成方法、優れた物理化学特性について、自身の研究成果をもとに説明されました。近い将来、2次元ナノ材料を基盤とした産業革命が始まることが期待されます。

2. Kaustav Banerjee教授, University of California Santa Barbara, California, USAKaustav Banerjee
Title: 2D electronics: Graphene and beyond
講演概要:
     世界のエネルギー問題の解決方法の一つとして、高効率“グリーン”電子デヴァイスの設計・開発が望まれています。グラフィーンや窒化ホウ素などの2次元ナノ材料が、室温作動トンネル・トランジスターやバイオセンサーなどの“グリーン”量子デヴァイスの主要な要素となることが期待されています。インテリジャント電子・バイオデヴァイス開発に関して、多くの革新的アイデアが紹介されました。

「バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター」と「大学院学際・融合科学研究科」は、すでに、Rice UniversityのAjayan教授の研究グループおよび、UC Santa BarbaraのInstitute for Collaborative Biotechnologiesと国際連携教育研究プログラムを実施しています。セミナー終了後に、Rice Universityとの“博士ダブル・ディグリー・プログラム”の実施について協議しました。なお、「バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター」の研究成果を教育に反映・還元するために2007年に開設された「大学院学際・融合科学研究科」は、すでに、FranceのUniversité Pierre et Marie Curie (Paris 6) およびUniversité de Nantesと“博士ダブル・ディグリー・プログラム”実施協定を締結しています。

「バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター」と「大学院学際・融合科学研究科」は、今後も、最先端若手研究者育成プログラムの一環として、「国際シンポジウム・国際セミナー」を開催致します。

Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.