1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. アジア文化研究所
  5. アジア文化研究所研究年報2016年第51号目次
MENU CLOSE

アジア文化研究所研究年報2016年第51号目次

  • English
  • 日本語
研究課題研究者名ページ
袁宏道『瓶史』考――座右に清玩――有澤 晶子1
能海寛と『西輶日記』および『在渝日記』に見る漢籍について飯塚 勝重19
戒厳と「外地」――昭和一〇年代後半の戒厳論議――荒邦 啓介37
19世紀末の在京城日本人居留民社会――「断髪令」をめぐる動き――小澤 康則72(365)
善連法彦の『英仏行』奥山 直司87(350)
日本におけるトルコ関係文献の推移(1)――山田寅次郎(宗有)関係文献の研究――三沢 伸生107(330)
昭和期の日本文学における在日ムスリムの表象(2)――神戸篇(前篇)――福田 義昭129(308)
Socio-cultural Implications of Communication Speed : A Case of Japanese Communication in the Intercultural ContextOTA Tatsuyuki147(290)
在日インド人家族の学校選択を通してみたトランスナショナリズム山本 須美子166(271)
日汉翻译――《天声人语》(2006.3.10)――续三义174(263)
中華民国家族法における死因贈与の成立要件――最高法院判決を手懸りとして――徐 瑞静185(252)
ヴゥオン・クゥアン・キィ (Vương Quan Kỳ)とカオダイ・カウ・コォー聖室(Thánh Thất Cầu Kho)の形成過程髙津 茂203(234)
民族意識の目覚め――南ヴェトナムのムスリムチャム協会―中村 理恵220(217)
資料に見るビンフォック省の社会変容――スティエン族を中心に――本多 守241(196)
Support from Absent Migrants after Earthquake 2015 in Gorkha, NepalKOBAYASHI Masao250(187)
移民背景をもつ教師の自伝を読む――アフガニスタン出身ムスリム女性にとってのドイツにおける多様性の問題――木下 江美270(167)
   
【報告】研究プロジェクト「グローバル化時代の境域社会における民族再編のダイナミクス――東南アジア・東アジアの地 域間比較――」 314(123)
【報告】研究プロジェクト「珠江デルタ地帯における西洋近代法と伝統的宗法規範の対立と同化に関する研究」 342(95)
【報告】研究プロジェクト「アジア諸言語史資料の汎用性データベース開発と構築」 392(45)
【報告】井上記念大型研究特別支援助成「アジアにおける国境をまたぐ生活スタイルの研究――東アジア・東南アジア・南 アジアの比較を中心に――」 436(1)
   
調査・研究活動 437
研究会合報告 442
研究班活動報告 454
研究所所報 461
Copyright © Toyo University. All Rights Reserved.