【Web体験授業】教育現場へのアプローチ-院内学級におけるフィールド研究-

<教育学科 谷口明子 教授>教育心理学は、教育に関わる心理的現象について、データに基づき科学的に研究する学問です。データという根拠なくして研究結果はありえず、最近はデータ収集方法としてフィールド研究が盛んになってきています。谷口教授自身が行った院内学級におけるフィールド研究では、入院中の児童、生徒のための教育を行う院内学級に通って集めた223個のエピソードを分析。その結果、院内学級の教育実践は入院時のサポートネットワークの構築という側面を持っているという結論を導きます。

【Web体験授業】「社会的孤立」と「社会的排除」-克服への取り組み-

<社会福祉学科 加山弾 准教授>現代社会において、虐待やDV(ドメスティック・バイオレンス)の被害者、不登校や引きこもり、頼る人がいない高齢者など、社会的に弱い立場の人が孤立することを「社会的孤立」といいます。また、本人の意思や能力で評価されず、出身、特徴などの属性で不当に評価されることを「社会的排除(ソーシャル・エクスクルージョン)」といいます。社会福祉には、こういった孤立や排除の問題に切り込んでいく機能が求められます。