1. 東洋大学TOP
  2. 東洋大学SDGs特設サイト
  3. SDGsへの取り組み
  4. 気候変動に具体的な対策を
  5. 【特集】国連大学主催のセミナーに本学学生が参加 グリーンイノベーションによる持続可能な社会を提唱
MENUCLOSE

国連大学主催のセミナーに本学学生が参加 グリーンイノベーションによる持続可能な社会を提唱

国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)が開催した第36回国連大学グローバル・セミナーに、本学経済学部国際経済学科のJUNG DAEUNさん、国際学部国際地域学科のNA YOUN JUさん、塩澤真結さんが参加しました。本稿ではその様子をレポートします。

01

日本中から集まった学生が熱く意見交換

国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)は、国際連合大学が持つ世界12カ国14研究所の1つで、地球規模の課題解決に向けた研究や人材育成を行う先導的な機関です。グローバル・セミナーは1985年に始まった伝統ある取り組みで、現代社会が直面する地球規模の問題と国際連合の取り組みについての意識を高めることを目的としています。
本学学生が参加した第36回グローバル・セミナーは2021年3月10~11日および22日に開催。日本中の大学から80名弱の学生がオンラインで集まり、「SUSTAINABLE SOLUTION FOR GLOBAL ENVIRONMENTAL PROBLEMS」をテーマに、気候変動や環境汚染など地球規模の環境問題の現状や持続可能な解決策について学び、学生たちも自ら解決策を模索し、意見交換を行いました。
「セミナー前半は国連大学上級副学長の沖大幹先生をはじめとする各国の著名なゲストスピーカーによる講演で、課題の現状や専門家ならではの見解、あまり知る機会のない現場での環境問題へのアクションについて具体的に教えていただきました。また、後半は少人数に分かれたグループワークで、最終日に行うプレゼンテーションに向けて具体的な解決策について話し合い、アイデアをスライドにまとめていきました」(塩澤さん)

02

持続可能な社会とグリーンイノベーション

塩澤さんが参加したグループではグリーンイノベーションに着目し、その具体的な取り組みの指針についてディスカッションを重ねました。
「グリーンイノベーションとは、社会の持続的な発展のため、世界的な課題である環境問題に対して、あらゆる科学技術やイノベーションを用いて変革を生む取り組みのことです。『社会の成長』と『環境の維持・発展』の関係を、トレードオフのように一方が良くなれば一方が悪くなると捉えるのではなく、双方向的に持続的な好循環が生まれるような関係構築を目指すことを意味します」(塩澤さん)
環境問題と一口に言っても、大気や水、土地、生物多様性など分野ごとに内在する課題には違いがあり、それぞれに求められるアプローチが異なります。塩澤さんのグループでは課題に対するアクションにブレーキをかけている問題点を「適切な認識の欠如」、「連携・統率力の脆弱性」、「能力構築機会の欠如」であると仮定し、それらを解決するために、人々の意識改革や教育、また持続可能なグリーンテクノロジーの普及を促進するための法整備や取り締まりの強化、さらには経済的な面で下支えしていくシステムを検討し、プレゼンテーションを行いました。
「今回のセミナーは専門家の講演から得た知識や情報をもとに、主体的に考えて解決策の提案までを行うという、インプットとアウトプットを一体で行う形式でした。テーマが日頃から意識しているSDGsに関連した内容だったため取り組みやすく、ブレインストーミングの段階から多くの学生と意見交換できたことが自分の成長につながったと思います。SDGsの目標年である2030年、さらにその先の社会で中核を担うのは私たち若い世代なので、SDGs実現に向けては私たちが積極的に行動を起こすことが重要なのではないでしょうか」(塩澤さん)

03

2030年に向けて私たちにできること

塩澤さんは「SDGsを専門に学んでいない学生でも『どこかで一度は耳にしたことがある』という認知度にはなってきたと思いますが、『SDGsは知っているが、どうしたらいいのか分からない』という人もまだまだ多い印象がある」と話します。その理由の1つとして、「SDGsの掲げる『持続可能な社会』という考え方や17のゴールがやや抽象的で、具体的なアクションと結びつきづらいこと」を挙げました。
「私は普段から東洋大学の学生団体『TIPS』で、SDGsを広めるための活動を行っています。そのなかで大切にしてきたのは『行動の道しるべになること』『参加者意識を持たせること』です。活動参加へのハードルを下げるために、入口をなるべくシンプルにすること、活動に対して楽しい気持ちや貢献した実感を持ってもらうことを一番に考えています。これからより一層SDGsのムーブメントを拡大していく際にも、アクションへの取り組みやすさや参加者のモチベーション・心理を考慮した戦略が必要になってくると思います」(塩澤さん)
今回のセミナーを主催したUNU-IASは2020年にSDGsを軸に日本国内の大学の連携を強化することを目的とする「SDG大学連携プラットフォーム(SDG-UP)」を発足し、本学も加盟しています。13学部15研究科の幅広い学問分野を擁する総合大学である本学は、「知の拠点」としてSDGsに積極的に取り組むとともに、学生一人ひとりの学びや活動を支援することを通して、地球の未来に大きく貢献する大学となることを目指していきます。