MENUCLOSE

2019年12月14日 東洋大学東洋学研究所 公開講演会

                                                  2019年12月

東洋大学東洋学研究所

公開講演会

 

主催:東洋大学東洋学研究所


講演題目および講演者:      

初期仏教研究におけるパーリ語文献の重要性

                               榎本文雄 先生(大阪大学名誉教授)

 

日時:  令和元年12月14日(土)午後3時(15:00)より

場所:  東洋大学白山キャンパス 6号館3階 6317教室

 

講演要旨

初期のインド仏教(原始仏教)の研究は、従来は主にパーリ語聖典に依っていたが、近年、サンスクリットをはじめパーリ語以外のインドアーリヤ諸語で書かれた研究資料が続々と発見されている。写本の書写年代の古さの点で、それら新資料は概ねパーリ語文献に勝り、特にガンダーラ語資料は遥かに凌駕する。しかし、それら新資料をパーリ語文献と精密に比較検討すると、かえってパーリ語文献の重要性が再認識される場合がある。

 

講演者 榎本文雄先生

略歴:

1954年、和歌山県生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了、博士(文学)

京都大学文学部助手、華頂短期大学助教授、大阪大学大学院文学研究科教授を経て、現在、大阪大学名誉教授。

 

主要業績

著書:

○Sanskrit-Texte aus dem buddhistischen Kanon: Neuentdeckungen und Neueditionen, 1, Göttingen 1989(共著)

○『不殺生(アヒンサー)の動機・理由――インド仏教文献を主資料として――』龍谷大学現代インド研究センター(RINDAS)2013年

○『ブッダゴーサの著作に至るパーリ文献の五位七十五法対応語 ― 仏教用語の現代基準訳語集および定義的用例集
バウッダコーシャⅢ』山喜房佛書林、2014年(編著代表)

○『スッタニパータ[釈尊のことば]全現代語訳』講談社学術文庫、2015年(共著)

論文:

○「āsrava について」『印度學佛教學研究』27巻1号、1978, pp.158f.

○「「四聖諦」の原意とインド仏教における「聖」」『印度哲学仏教学』24, 2009, pp. 336-354

○「初期仏教における涅槃――無我説と関連して――」『佛教研究』40, 2012, pp.149-160

 

※講演会終了後、研究交流会(懇親会)を8号館地下1階伝説の三丁目食堂にて行います。

※定員100名 入場無料・予約不要 皆様のご参会をお待ち申し上げます。

2019年12月14日公開講演会ご案内 [PDFファイル]

 

お問い合わせ先:東洋大学東洋学研究所(東洋大学白山校舎2号館5階)

112-8606 文京区白山5-28-20

03-3945-7483 fax  03-3945-7483

東洋学研究所HP: http://www.toyo.ac.jp/site/toyogaku/

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)