MENUCLOSE

2019年11月23日 東洋大学東洋学研究所 研究発表例会

東洋大学東洋学研究所

研究発表例会

 

日時: 令和元年11月23日(土)午後3時より

場所: 東洋大学白山キャンパス 6号館1階 6102教室

15:00~17:05予定

(15:00~16:00)

初期真宗における真実報土の理解―特に了海の『他力信心聞書』を中心に―

板敷 真純 院生研究員

発表要旨:
親鸞は阿弥陀仏の報土には真実報土と方便化土の二土があり、真実報土には他力真実の信心を得た行者が往生し、本願を信じない自力の善人は方便化土に往生すると記し、これらはどちらも阿弥陀仏の真化の浄土と主張している。ここで注目すべきは、初期真宗で活躍した麻布了海の作といわれる『他力信心聞書』に、真実報土に関する記述が見られる点である。本論では麻布了海の作といわれる『他力信心聞書』に焦点をあてて、真実報土と方便化土について検討を行う。

 

(16:05~17:05)

韓国における『天地八陽神呪経』の霊的機能

佐藤 厚 客員研究員

発表要旨:
『天地八陽神呪経』は、8世紀頃に成立したとされる中国成立経典で、経典読誦による功徳、特に建築、風水関係での功徳を説き、東アジアから中央アジアにわたり広く流行した。朝鮮半島でも現在に至るまで流行しており、中には経典に書いてある以外の、幽霊退治などの機能もあるとされる。本発表では、経典が有する機能を「霊的機能」と呼び、この視点から本経流行の理由を分析する。この視点は、経典が流行する背景、ひいては仏教が存続してきた理由にも関連すると思われる。

 

入場無料・予約不要

皆様のご参会をお待ち申しあげます。

 

問い合わせ先:

東洋大学東洋学研究所

郵便番号112-8606 東京都文京区白山5-28-20

電話/ファクス 03-3945-7483

E-mail: toyogaku@toyo.jp

HP: http://www.toyo.ac.jp/research/labo-center/toyogaku

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)