MENUCLOSE

開発途上国における生活環境改善による人間の安全保障の実現に関する研究

Enhancement of human security through improvement of living environment in developing countries

 Topic: SDGs

Research Objectives

1Carry out experimental SDGs studies: Research projects in Asia, Africa, and Central and South America; international cooperation projects with JICA, etc.
2
Publish research results: Holding international symposiums, book publications, thesis presentations, newsletter issue, etc.
3
Cultivate young researchers: Produce doctoral degree recipients etc.

 

Research Content

The Toyo University Center for Sustainable Development Studies (“Center”) has until now compiled methodologies for the realization of SDGs from field research and practical experience. In order to pass on this knowledge to the field, the Center will integrate international contribution and research, and carry out research that incorporates cooperation with industry, government, and academia.

In research, teams made of specialists from different fields will work on improving the living environment in developing countries in Asia, Africa, Central, and South America, and the Pacific. Through this research, we will achieve many SDGs in areas such as infrastructure construction, economy, society, and management, and aim for the actualization of human security.  

Research Organization

At the Center, for research implementation, we have a research unit with Director of the Center and Project Leader (Vice President Kitawaki) at its head, and comprised of Toyo University researchers (full-time faculty members), visiting researchers working in cooperation with them, as well as research assistants who are Toyo University graduate students (doctoral program).

We are also using Toyo University overseas offices as overseas research bases, and we are also creating a new overseas base in Africa. To evaluate the Center’s activities and to give advice, we have also established an evaluation committee comprised of external experts, as well as creating a secretariat to support research activities and to contribute research findings to society.

 

COVID-19 Initiatives at the Center

At the Center, we are working with a project focus on living environment improvement in developing nations, which are globally seen as being fragile in terms of health and economic sustainability. Amid the COVID-19 pandemic, we are fully occupied with the task in front of us. However, it is after the pandemic when course correction and steady implementation of SDGs will be necessary. Going forward, we will actively research Post-Corona SDGs.

開発途上国における生活環境改善による人間の安全保障の実現に関する研究

 テーマ:SDGs

研究目標

1.SDGs実証研究プロジェクトの実施:アジア・アフリカ・中南米での研究プロジェクト、JICA等との連携国際協力プロジェクトなど
2.研究成果の公表:国際シンポジウム開催、書籍刊行、論文発表、ニュースレター発行など
3.若手研究者の育成:博士号取得者輩出など

 

研究内容

東洋大学国際共生社会研究センター(以下「センター」)は、これまでフィールドでの研究・実務経験から、SDGsを実現する方法論を取りまとめてきましたが、その知見をフィールドに還元するため、国際貢献と研究とを一体化させ、産官学連携も取り入れた実践的研究を行います。研究では、他分野の専門家で構成されるチームがアジア、アフリカ、中南米、太平洋の途上国の生活環境の改善に取り組みます。本研究を通してインフラ建設、経済、社会、マネジメントなどSDGsの多くの目標を達成し、人間の安全保障の実現を目指します。

 

研究組織

センターは、研究の実施のためにセンター長兼プロジェクトリーダー(北脇副学長)のもとに本学の専任教員からなる研究員ならびに研究員と協力して研究を行う外部の客員研究員、本学大学院博士後期課程院生によるリサーチ・アシスタントからなる研究組織を構成しています。さらに海外における研究拠点として本学の海外事務所を活用するとともに新たにアフリカに海外拠点を形成することとしています。また、センターの活動の評価、助言のための外部専門家からなる評価委員会を設置するとともに、研究活動の支援や研究成果の社会への還元などを実施するためのセンター事務局を設置しています。

 

新型コロナに対するセンターの取組

センターは、世界的に見ても健康や経済の維持の面が脆弱な開発途上国の生活環境の改善をプロジェクトのテーマとして活動しています。新型コロナ渦中にあっては目前の対応に窮していますが、パンデミック後の時期こそSDGsを軌道修正しながら着実に実施することが必要になると思われます。今後はポストコロナのSDGsの研究を積極的に行います。