MENUCLOSE

開発途上国における生活環境改善による人間の安全保障の実現に関する研究

開発途上国における生活環境改善による人間の安全保障の実現に関する研究

 テーマ:SDGs

研究目標

1.SDGs実証研究プロジェクトの実施:アジア・アフリカ・中南米での研究プロジェクト、JICA等との連携国際協力プロジェクトなど
2.研究成果の公表:国際シンポジウム開催、書籍刊行、論文発表、ニュースレター発行など
3.若手研究者の育成:博士号取得者輩出など

 

研究内容

東洋大学国際共生社会研究センター(以下「センター」)は、これまでフィールドでの研究・実務経験から、SDGsを実現する方法論を取りまとめてきましたが、その知見をフィールドに還元するため、国際貢献と研究とを一体化させ、産官学連携も取り入れた実践的研究を行います。研究では、他分野の専門家で構成されるチームがアジア、アフリカ、中南米、太平洋の途上国の生活環境の改善に取り組みます。本研究を通してインフラ建設、経済、社会、マネジメントなどSDGsの多くの目標を達成し、人間の安全保障の実現を目指します。

 

研究組織

センターは、研究の実施のためにセンター長兼プロジェクトリーダー(北脇副学長)のもとに本学の専任教員からなる研究員ならびに研究員と協力して研究を行う外部の客員研究員、本学大学院博士後期課程院生によるリサーチ・アシスタントからなる研究組織を構成しています。さらに海外における研究拠点として本学の海外事務所を活用するとともに新たにアフリカに海外拠点を形成することとしています。また、センターの活動の評価、助言のための外部専門家からなる評価委員会を設置するとともに、研究活動の支援や研究成果の社会への還元などを実施するためのセンター事務局を設置しています。