MENUCLOSE

大型研究(井上助成)

プロジェクト名称 「一帯一路」経済政策による中国経済の海外展開とその関係諸地域に及ぼす文化的影響
代表者 後藤武秀(前所長)
研究分担者 松本誠一, カク仁平, 千葉正史, 子島進, 三沢伸生(研究員)/福田義昭(客員研究員)
期間 平成29年~30年度
概要

本研究は、近年とくに関心を持たれるようになってきた中国の「一帯一路」政策を対象とするものである。本研究では、「一帯一路」の中心課題をなす中国の対外投資そのものを研究対象とするものではなく、中国という国家主導で行われる周辺諸国、諸地域の発展の基礎作りにより、これらの地域の固有の文化、あるいは現段階における文化がどのように変容したか、あるいは変容しつつあるのかについて明らかにするものである。さらに、アメリカ型経済進出と「一帯一路」型経済進出との間でこれらの国々、地域において文化変容のあり方に相違があるのかどうかについても検討することが課題となる。

プロジェクト名称 アジアにおける国境をまたぐ生活スタイルの研究-東アジア・東南アジア・南アジアの比較を中心に
代表者 松本誠一(元所長)
研究分担者 植野弘子, 後藤武秀, 小林正夫, 長津一史, バイラビレンドラ, 間瀬朋子, 箕曲在弘, 山本須美子(研究員)/井出弘毅, 権香淑, 鈴木佑記, 宮下良子, 吉川美華(客員研究員)/西野理子(研究協力者)
期間 平成27年~28年度
概要

グローバル化の進展とともに、人々の「国境をまたぐ生活スタイル」も身近にその例が窺えるようになってきている。本共同研究では、初めに東アジア・東南アジア・南アジアにおいて「国境をまたぐ家族」を主な対象として、各研究分担者による統計的接近、制度的接近、および現地での聴取・参与観察等による接近を通じて、マクロ・ミクロにその実態を把握していくことを目標とする。本共同研究を国際的に推進するために海外研究機関との連携、および、より大型の研究段階へ展開していく方向を目指して進めていく。