1. Toyo University TOP 東洋大学TOP
  2. Pick Up
  3. 研究
  4. 研究所・センター
  5. 現代社会総合研究所
  6. 現代社会総合研究所公開シンポジウム 「海外における介護労働: グローバル化とジェンダーの視点から」
MENUCLOSE

現代社会総合研究所公開シンポジウム 「海外における介護労働: グローバル化とジェンダーの視点から」

現代社会総合研究所公開シンポジウム
「海外における介護労働:
グローバル化とジェンダーの視点から」

■ 日 時 : 2019年3月12日(火) 14時00分~17時00分(開場13時30分)
■会 場 : 東洋大学白山キャンパス6号館1階 6103教室

■ 参加費無料、事前の参加申し込み不要、一般の方の参加も歓迎します

◆  趣 旨  :イタリアと台湾、二つの社会の経験に学ぶ
   
介護サービス市場のグローバル化が進むイタリアと台湾という二つの社会では、どのようなビジョンのもと
介護労働に関する政策が行われ、どのような社会的帰結が生じているのでしょうか。EPAを通じた受け入れや、
技能実習制度に介護職種が追加されるなど、介護労働力をグローバルに求める方向に進む日本社会について考
えるためにも、二つの社会の経験に学び、議論します。

報告の一部は英語で行われますが、日本語の報告にも英語の報告にも逐次通訳がつきますので、日本語・英語
どちらかのみの話者の方も理解可能なシンポジウムです。ぜひお気軽にご参加ください。

報告者

1報告: 安里 和晃 氏(京都大学大学院准教授)
   
家族主義的福祉レジームと保守主義的福祉レジームの外国人介護従事者

2報告: 陳 正芬 氏(中國文化大學教授)
    
Insider or Outsider?– policy and care workers in Taiwan's long-term care system
  
(台湾の高齢者ケア政策とケアワーカーの「内」と「外」)

3報告: 宮崎 理枝 氏(大月短期大学教授)
   
イタリアの移住介護(家事)労働者に対する入国管理と技能評価制度

コメント: 須田 木綿子 氏(東洋大学教授)

司会:  村尾 祐美子(東洋大学准教授)

すべての報告等について逐次通訳つき

プログラム

14時00分-14時10分 開会挨拶・趣旨説明

14時10分-14時50分 第1報告

14時50分-15時30分 第2報告

15時30分-16時10分 第3報告

16時10分-16時15分 休憩

16時15分-16時50分 コメント、リプライ、質疑応答

● 主催:東洋大学現代社会研究所「超高齢社会の医療と介護に関する研究会」

● 問合わせ先:現代社会総合研究所事務局 gensoken@toyo.jp

 

 

各位

日頃より本研究所の研究活動にご高配を賜り、心より御礼申し上げます。

さて、かねてより計画しておりました英文ジャーナルJapanese Society and Culture
平成30年度より刊行いたします。
本誌の目的、投稿要領、投稿先、問合先などは、本研究所WEBサイトに掲載されて
おりますので、そちらをご参照ください。

東洋大学現代社会総合研究所長 石井晴夫
2018年4月18日 


詳細はこちら ☞  Japanese Society and Culture