情報連携学科

まだ見ぬ価値を形にする

コンピュータ・サイエンスを基盤として、人・システム・組織・分野を連携させる技術は、これまでにない製品やサービスの実現を可能にし、新しい価値を生み出します。情報連携学科(INIAD)では、エンジニアリング、デザイン、ビジネス、シビルシステムそれぞれの専門分野の連携と融合により、ネットワーク時代に対応した、新しいイノベーションを起こせる人材を創出します。

学問の魅力

AI + IoT時代の教育の場

INIADは、自分が得意でない分野に対しても理解を持ち、共通の言葉で対話して連携し、プロジェクトを達成できるよう、コンピュータ・サイエンス教育やコミュニケーション力を身につけることを重視し、エンジニアリング・デザイン・ビジネス・シビルシステムの4コースで高い専門性を持つ人材を育成、その人材が協力し合って問題解決をすることを実践します。

学び方

ネットワークと現場を組み合わせた新時代の学び

一人ですべてを理解し動かすことが難しい時代、ネットワークの時代だからこそ、INIADでは「その場に集うこと」を重視します。
知識を受け取る部分はネットワークのオンライン教育システム「MOOCs(ムークス)」で行います。
いつでも、どこでも、何度でも、納得行くまでブラウザ経由で受講が可能で、演習により自分の理解度も確認できます。
一方、キャンパスではネットワーク上でできないことを行います。INIADの教室は小教室中心の構成になっており、教員や、学生同士での討論を中心とした、対話型の授業や、実際に手を動かす実習を行い、MOOCsで得た知識を消化し、身につけることを促します。

最先端の空間で学ぶ

キャンパス内の建物(INIAD HUB-1)は、最先端のIoT技術により、さまざまな設備や機器をネットワークに接続し、建物全体をIoT教材として活用しています。
情報教育を実施するためにWi-Fiやクラウドコンピューティング環境を整備。学生は所有するPCやスマートフォンを持ち込んで授業や研究に活用するほか、INIAD教育クラウドを活用した講義を数多く用意しています。また、INIADでは「紙をなくす」という方針により、教室内の黒板だけでなく、紙の掲示板も設置していません。そのため、建物内の各所に情報発信が簡単にできるデジタルサイネージ(電子掲示板)を設置。学生達は、デジタルサイネージに投影された内容をその場で読んだり、スマートフォンに取り込むなどして、自分に必要な情報を得るようにしています。

グローバル化への対応

世界中の人と「連携」するために

連携力を養成するためには、国籍を問わずコミュニケーションをとるための「英語力」、アイデアやメッセージを伝える「プレゼンテーション力」や、討論によって本質に迫る「ディベート力」などの実践的コミュニケーション力が欠かせません。INIADでは、様々な国籍や専門性をもつ学生たちが学びあう環境を整備することを通じて「学生の実践的なコミュニケーション能力」を養成します。

4年間の学び

「連携」を実践する教育

1、2年次では、全学生を対象に、社会を支える共通基盤としてのコンピュータ・サイエンスの基礎、データサイエンスやAIの基礎となる数理系の知識、世界各国の人々とのコミュニケーション能力を身につけるための教育を実施します。
INIADでは、世界的に広く使われているプログラミング言語「Python」を用います。他にも情報系必修科目として、ネットワーク・Web技術、データサイエンス、アジャイル・ソフトウェア開発等、分野を問わず社会からの要請が強い内容を扱います。
また、データサイエンスやAIに関する知識・スキルが社会で分野を問わず求められていることを踏まえ、その基礎となる数理系科目(数学・統計学)を必修科目として配置しています。

専門科目は、情報通信技術による社会イノベーションの一端を担える人材を輩出するため、2年次に情報科目群5群(コンピュータ・システム、コンピュータ・ソフトウェア、ユーザ・エクスペリエンス、データサイエンス、ICT社会応用)及び連携科目群2群(コミュニティ形成、ビジネス構築)について、講義と、実践的スキルを身につけさせる演習を実施。
学生の将来構想に応じた柔軟な科目群の組み合わせによって、以下のようなイノベーティブな人材の輩出を目指します。

1. コンピュータ・エンジニア人材

例)コンピュータ・サイエンスを体系的に習得し、コンピュータ・システムを設計・開発する人材 →「コンピュータ・システム科目群」+「コンピュータ・ソフトウェア科目群」

例)AI / IoT を駆使した、最先端の情報サービスを開発できる人材 →「コンピュータ・ソフトウェア科目群」+「データサイエンス科目群」

2. UXデザイナ人材

例)Webサービスをはじめとしたコンピュータ・システムのUXデザインを行う人材 →「ユーザ・エクスペリエンス科目群」+「コンピュータ・ソフトウェア科目群」

例)AR / VRなどの最先端技術を活用し、空間デザインや、モノ・サービスのデザインを行える人材 →「ユーザ・エクスペリエンス科目群」+「コミュニティ科目群」

3. ビジネス構築人材

例)ビッグデータを活用し、企業のDXを先導できる人材 → 「ビジネス構築科目群」+「データサイエンス科目群」

例)情報通信技術を応用したイノベーティブなビジネスを構築できる人材 → 「ビジネス構築科目群」+「ICT社会応用科目群」

4. コミュニティ形成人材

例) GISやビッグデータを活用し、政府や地方政府のDXを先導する人材 → 「コミュニティ科目群」+「データサイエンス科目群」

例)情報通信技術を応用し、地域コミュニティの形成や都市サービスの構築を行うことができる人材 → 「コミュニティ科目群」+「ICT社会 応用科目群」

また、3年次では、各自分と異なる専門性をもつ人間との連携を実践的に学ぶため、長期にわたるスタートアップ型の実習を実施します。チームで問題解決にあたるプロジェクト型の実習を重視します。

4年次では、専門分野における研究の最先端を知るために、教員の研究室において卒業研究を実施します。

情報連携学部HPはこちら