1. Home ホーム
  2. ニュース
  3. 社会連携
  4. こもれびの森・里山支援隊
  5. 【こもれびの森・里山支援隊】2019年1月5日(土)里山林保全活動報告
MENUCLOSE

【こもれびの森・里山支援隊】2019年1月5日(土)里山林保全活動報告

川越キャンパス「こもれびの森」を多様な生物が生きる里山の森にする活動

こもれびの森・里山支援隊のマーク
東洋大学川越キャンパス内の広大な森林「こもれびの森」を多様な生物が生きる里山の森にする「東洋大学川越キャンパスこもれびの森・里山支援隊」では、毎月1回程度活動日を設けて、生育阻害木や枯損木の伐倒、下刈りなどの里山林保全活動を行っています。

1月5日(土)9時00分から15時00分ごろに14人で里山林保全活動を実施しました。
今回は、こもれびの森内にある古道に集積していた台風の影響などで大量に発生した落枝を、ウッドチッパーを使ってチップにして、隣接する自然再生エリアの遊歩道に撒く作業でした。
人数が多かったために作業がはかどり、古道沿いの落枝だけでなく、かなり以前に新西門と旧西門の間の道路に沿うあたりに集積した伐採枝もかなり片付けることができました。
遊歩道は、ウッドチップが敷かれて、だいぶ歩きやすくなったと思います。川越キャンパスにお越しの際はぜひ散策してください。

活動の様子


終了時の参加者集合写真

人もウッドチッパーも働き者

ウッドチップを自然再生エリアの遊歩道に敷き詰める前
ウッドチップを自然再生エリアの遊歩道に敷き詰めた後

ソーシャルメディアのご案内

こもれびの森・里山支援隊のソーシャルメディアとして、作業結果をいち早くお伝えするFacebookページと当日の中止連絡等、緊急連絡やページの更新を伝えるTwitterアカウントがありますので、ぜひご覧ください。