1. 東洋大学TOP
  2. ニュース
  3. 社会連携
  4. 社会貢献センター
  5. Hands to Hands「100円弁当プロジェクト」が12月13日から始まります

Hands to Hands「100円弁当プロジェクト」が12月13日から始まります

本学では在学生を対象に、コロナ禍において学業を継続する環境や意欲を支えることを目的に、食料品支援プロジェクト「Hands to Hands」を実施しています。その一環として、今回は大学生協のお弁当を100円で提供する「100円弁当プロジェクト」を実施し、学生に食の支援を行います。また、白山キャンパスでは、文京区内の社会福祉法人と連携して「パン(詰め合わせ)」の販売も行います。

 

日程:

2021年12月13日(月)から17日(金)、2022年1月17日(月)から21日(金)

時間:

【白山・赤羽台・川越】11時30分からなくなるまで
【白山】第2部・イブニングコース対象は17時00分から17時30分
【板倉】12時40分からなくなるまで

※各日の予定数がなくなり次第、終了となります。

場所:

(白山)4号館1階大学生協 横スペース
(川越)学生ホール食堂棟 生協付近
(板倉)売店棟 売店IZUMI
(赤羽台)INIAD1階 生協付近

対象:

本学在学生

備考:

・エコバックを必ず持参してください。
・100円玉を持参してください。
・ごみの分別にご協力ください。
・多くの学生に支援を行うため、一人あたりの受取回数を調整する場合があります。

100円弁当ポスター画像お弁当ラインナップ 

※お弁当の内容が上記画像と異なる場合があります。

本プロジェクト実施の背景

本プロジェクトを推進する本学社会貢献センターでは、現在「Hands to Handsプロジェクト2021」(累計4回目)も実施し、多くの本学関係者から食料の支援をいただき、学生へ配布しています。11月16日時点で延べ751名の申込があります。また、11月9日から10日の期間で敷島製パン株式会社から提供を受け、「パンの支援」(2,000食)を全キャンパスで実施。各キャンパスで30分以内に配布が終了し、大盛況となりました。その際、「バイト代がまだ支払われていないので助かりました」「これで3食しのげます」といった学生の声を聞き、学生たちを取り巻く経済的環境はまだまだ厳しい状態であると実感しました。これまでの「Hands to Hands」は米や袋麺等の食料品配付であることから「自宅で食べること」が前提となっていますが、対面授業を段階的に再開することもあり、今回の「100円弁当プロジェクト」では昼食・夕食時に安価で満足できる食事を提供することで、学生がより気軽に利用できる支援を行いたいと思います。