1. 東洋大学TOP
  2. ニュース
  3. 研究・産官学連携
  4. 研究所・センター
  5. 工業技術研究所
  6. 工業技術研究所 第2回 水のシンポジウム「サステナブルな社会の実現を水環境から考える。-SDGsと水-」 を開催しました

工業技術研究所 第2回 水のシンポジウム「サステナブルな社会の実現を水環境から考える。-SDGsと水-」 を開催しました

この度、東洋大学 工業技術研究所では第2回 水のシンポジウム 「サステナブルな社会の実現を水環境から考える。-SDGsと水-」を開催しました。

 

大海の水は水蒸気となって空に昇り、やがて雲を作り雨や雪となって水源に降り注ぎます。水のしずくは伏流水や川に形を変え大地を潤しながら再び海に帰ります。この地球規模の水の循環によって自然環境が保たれ人類の文化と文明が支えられてきました。このシンポジウムでは、持続可能な開発目標(SDGs)を達成するために重要な「水の循環」と「水環境」について様々な視点から考えることを目的として開催されました。

 

「1.基調講演」では、 第1回目のシンポジウムから10年の間に起きた水環境と水問題の変化を解説していただきました。

「2.水質浄化技術と水利用の現状と将来」では、水の循環を持続するために、使った水をきれいにして戻すための水処理技術の現状と将来について解説していただきました。

「3.水と生活」では、水源地域の持続的な発展を視野に入れた生産・物流など生活に密接に関係した水利用について様々な視点から紹介していただきました。

「4.パネルディスカッション」では、この10年間の世界の水問題の変化を踏まえて、水環境を保全し水の循環を適切に保つための課題について討論を行いました。

 

1基調講演

「サステナブルな社会実現のための水の重要性」

-第1回シンポジウム以降の10年の世界の水問題の変化

2水質浄化技術と水利用の現状と将来

3水と生活

4パネルディスカッション>

「世界の水環境の課題と対応 ~10年間の歩み~」

 

約130名の方が参加し、最大視聴回数は118回となり大変盛況のうちに終了しました。

ご参加いただきありがとうございました。