1. 東洋大学TOP
  2. ニュース
  3. 附属図書館
  4. 【大学院生、卒論履修生の方へ】資料郵送サービスについて(新型コロナウィルス対策による対応)[2/2再掲]
MENUCLOSE

【大学院生、卒論履修生の方へ】資料郵送サービスについて(新型コロナウィルス対策による対応)[2/2再掲]

新型コロナウイルス感染症に関する対応として、博士論文、修士論文、卒業論文の作成に必要な図書館資料の貸出および学外文献複写の資料郵送サービスを行っています。(自宅受取が可能)

以下の記載事項を確認の上、お申込みください。

時期により申込期限を設けている場合がありますので、ニュース一覧で最新の情報をご確認ください。

1.本学図書館資料の貸出
対象資料

図書、製本雑誌、未製本雑誌(雑誌は図書館受入後1カ月以上経過したものに限る)
※CD-ROM等の付録は貸出できません

申込方法
Eメール(本文に学籍番号、氏名を記載し、以下のファイルに必要事項を入力し添付ください)
送信先はファイルをご確認ください。
Word版:図書郵送貸出サービス申請書
PDF版:図書郵送貸出サービス申請書

貸出方法
郵送(図書館負担の元払い)

返却方法
来館または郵送等(送料は学生各自でご負担ください)
郵送・宅配便等での返却についてはこちらを必ず確認してください。

注意事項
・資料の発送やお問合わせへの回答に時間がかかることがあります。予めご了承ください。
・郵送貸出申請をした資料について、予約保管通知メールが送信されることがありますが、発送準備作業に伴うものですので受取りに来館する必要はありません。
・申請書に記載の資料のみ、発送対象となります。OPACでご自身により予約・取寄を行い「予約受取待」となった資料は、申請書に記載がある場合のみ発送します。申請書に記載がない場合は発送しませんので、期限日までに来館して受け取ってください。

 

2.文献複写の自宅受取
他大学・他機関が所蔵する資料の特定範囲の複写を取り寄せることができます。
複写料金(料金は依頼先大学・機関の定めによる)および送料は自己負担となります。
初めて利用する際には添付の書式にて利用登録が必要です。利用登録が完了次第、Eメールでお知らせします。
登録完了後、受取場所の希望を明記の上、OPACからお申込みください。(自宅または大学図書館での受取を選択できます)

利用登録方法(初回のみ)
Eメール(本文に学籍番号、氏名を記載し、以下のファイルに必要事項を入力し添付ください)
送信先はファイルをご確認ください。
Word版:文献複写利用申請書
PDF版:文献複写利用申請書

申込方法
利用登録後、OPACから申込
OPACからの申込方法は、ガイダンス動画または図書館ユーザーガイドNo.4をご覧ください。

注意事項
・複写資料が届くまでに2週間以上かかることがありますので、余裕を持ってお申込ください。
・対象は学外資料に限ります。依頼先機関からの請求料金+送料(図書館から本人あての送料)は自己負担となります。
・到着、料金のお知らせは、原則としてOPACの「ILL依頼状況」にて行います。
・複写資料は自宅受取か、大学図書館受取かを選択できます。
OPACのILL 依頼画面最下部の「コメントなど」の欄に、申込ごとに受取希望場所を入力してください。(例 自宅で受取希望、白山図書館で受取希望等)
・大学登録住所以外に複写物の郵送を希望する場合は、ILL 依頼画面最下部の「コメントなど」の欄に、申込ごとに受取希望住所を入力してください。
自宅受取の場合、料金の支払は必ずゆうちょ銀行の青色の払込用紙(口座番号 00160-3-190459)を使用して通常払込をしてください。払込手数料は自己負担となります。払込用紙記入例
・複写資料は入金確認後に郵送いたします。入金の確認に早くて2~3日かかります。
・来館して受取を希望の場合はキャンパス内の証明書発行機での支払いとなりますので、OPAC「ILL依頼状況」の指示に従ってください。
・新型コロナウィルス対応のため、現在サービスを停止している機関もあります。依頼先の状況によってはご希望に添えないことがあることをご理解ください。

図書館では上記の郵送サービス以外に、自宅で利用可能な電子ブック、データベース、電子ジャーナルの情報発信を行っています。
【学外からでも利用可能】電子ブック、データベースをご活用ください!
【学外からでも利用可能】自宅での学修に データベース・電子ジャーナル情報