1. 東洋大学TOP
  2. ニュース
  3. 国際交流
  4. 【重要】外国籍を有する皆さんへ 在留資格を有する外国人の再入国について

【重要】外国籍を有する皆さんへ 在留資格を有する外国人の再入国について

7月22日、出国中の再入国許可者の再入国について、外務省より具体的な発表がありました。

入国拒否対象地域指定以前に我が国を出国した再入国許可保持者は、85日より、本邦への再入国が認められます。

入国拒否地域指定後に日本を出国した者で、特段の事情にあたらない者は再入国が認められません。(入国拒否地域の指定日が分からない場合は、下記関連HPや在外公館にて確認してください。)

再入国に際しては、居住国に所在する日本国大使館/総領事館(在外公館)において「再入国関連書類提出確認書(以下、「確認書」という。)」の発給を受けるとともに、日本入国(搭乗予定航空便の出発時刻)前72時間以内に受けたPCR検査の「検査証明」の提示が必要となります。

確認書については、7月29日より各在外公館において申請受付を開始していますので、再入国を希望する学生は、できる限り速やかに確認書の申請を行ってください。

お住まいの国で、無症状の方への検査を行わない方針をとっている場合には、検査結果を入手できる国・地域に一旦赴き、そこで出国(搭乗予定航空便の出発時刻)前72時間以内のPCR検査証明を取得していただくことになります。ご自身で探すのが難しい場合は、現地の関係機関や在外公館に相談してください。

ただし、外務省の規制緩和と出国可否ポリシー、付随する手続きが各国毎に異なるため、在留期限が十分にある学生は、在外公館に個別に問合せをし、その方針に従ってください。

詳細は、下記リンクを御参照ください。

○外務省HP「在留資格を有する外国人の再入国について」:

(和文)https://www.mofa.go.jp/mofaj/page1_000864.html

(English)https://www.mofa.go.jp/ca/fna/page4e_001074.html

○外務省HP「再入国の際に必要な手続・書類等」:

(和文)https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page25_001994.html

     (English)https://www.mofa.go.jp/ca/fna/page25e_000334.html

※入国にあたっては、日本政府の水際対策において、空港でのPCR検査の実施や、14日間の自宅等における待機、公共交通機関を使用しないことなどが要請されています。事前に必ず、14日間の待機場所とそこへの移動手段を確保してください。


関連ホームページ

○厚労省HP「水際対策の抜本的強化に関するQA」:

(和文)https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html#Q1-1

(English)https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00003.html#Q1-1

○法務省HP「新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係る上陸拒否等について」:

   http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho06_00099.html

○官邸HP「新型コロナウイルス感染症対策本部」:

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/taisaku_honbu.html


在留資格に関する本学への問い合わせ先
東洋大学グローバルサービス株式会社 toyo-pugs@tugs.co.jp