1. 東洋大学TOP
  2. ニュース
  3. 国際交流
  4. 東洋大学Photoコンテスト2020秋

東洋大学Photoコンテスト2020秋

★留学PHOTOコンテスト 特設ページ★

在学中に留学へ参加した学生を対象に” My BEST PHOTO”というテーマで素敵な写真を募集し、今回は以下の38点の応募がありました。

留学生活のBEST PHOTOと、その背景のストーリーを是非ご鑑賞ください。

一番気に入った作品に投票をお願い致します。

 

◆投票はコチラから◆

 

・投票ができるのは東洋大学の在学生です。

・投票できるのは1人1回です。

 

・写真は縮小して表示しています。写真をクリック/タップするとフルサイズでご覧いただけます。

 

投票の多かった作品には、グランプリとして賞状、記念品を授与します。

 

No.1 Lofoten islands

01Lofoten islands

氏名:三上 雅輝
留学先国:ノルウェー王国
留学プログラム:交換留学
撮影場所:Norway Lofoten
Back Story:友達の誕生日祝いを兼ねて皆んなでキャンプしました。

No.2 NYCFC

02NYCFC

氏名:清瀬 秋人
留学先国:アメリカ合衆国
留学プログラム:協定校語学留学
撮影場所:ヤンキーススタジアム近くのスピークイージー
Back Story:仲良くなったニューヨークシティFCのサポーターと彼らの隠れ家で撮った写真

No.3 清水断崖

氏名:小松優仁
留学先国:台湾
留学プログラム:交換留学
撮影場所:台湾花蓮
Back Story:台湾の花蓮県にある清水断崖は有名な太魯閣国立公園内にあります。台湾に行く機会があったら、ぜひ行ってみてください。

No.4 Sunset of Santa Monica

氏名:Wang Yiwei
留学先国:アメリカ合衆国
留学プログラム:交換留学
撮影場所:Miami, American Airline Area
Back Story:Santa Monica, LA

No.5 宝物の時間

氏名:大久保亜実
留学先国:オーストラリア
留学プログラム:語学セミナー
撮影場所:ディーキン大学
Back Story:初めての海外で、オーストラリアで一カ月間語学を勉強し、ディーキン大学の校長先生から終了証を受け取っているときの一枚です。オーストラリアで過ごした時間は私の人生において宝物の時間となりました。

No.6 わーい

氏名:園部安里紗
留学先国:マレーシア
留学プログラム:Diversity Voyage
撮影場所:クチン
Back Story:この時初対面で、「Nice to meet you. take a picture」って言って撮れた写真です。みなさんとてもフレンドリーでした!

No.7 一人ひとり、願いをこめて

氏名:梅沢 陸生
留学先国:台湾
留学プログラム:語学セミナー
撮影場所:輔仁大學
Back Story:台湾留学で体験した切り紙。様々な縁起の良い形に切りました。

No.8 繋がり

氏名:内野群
留学先国:アイルランド
留学プログラム:語学セミナー
撮影場所:ホームステイ先
Back Story:家族、夫婦、兄妹の関係全てが愛で溢れており、理想の家族像との出会いでした。その中に私を受け入れてもらえて光栄でした。

No.9 川の女神に感謝を

氏名:保谷美乃莉
留学先国:タイ
留学プログラム:交換留学
撮影場所:チェンマイ、ピン川
Back Story:タイのチェンマイで、ロイクラトン祭りに参加した際に撮った一枚です。「ロイクラトン」は、灯籠(クラトン)を川に流す(ロイ)というタイの人々の間で古くから続いていた風習です。毎年旧暦12月(今の10月または11月)の満月の夜、バナナの幹や葉で作った灯籠の上にろうそくや線香を立て川に流し、川の女神へ感謝の気持ちを捧げます。私も自分で灯籠を作り、川に流しました。優しい光りを灯したたくさん灯籠がピン川に流れ、とても幻想的で感動しました。

No. 10 My Hope for Living 2020


氏名:山田望琴
留学先国:アメリカ合衆国
留学プログラム:交換留学
撮影場所:アメリカ合衆国フロリダ州
Back Story:これは2020年1月1日の初日の出の写真です。寒い中、友人2人と1時間ほどビーチで待ち、ようやく見ることが出来た念願の日の出です。人生で初めて初日の出を拝み、2020年を生き抜くパワーとエネルギー、さらに希望を得ることが出来ました。

No.11 未来へと続く道

氏名:大嶽那津
留学先国:アメリカ合衆国
留学プログラム:交換留学
撮影場所:アメリカ合衆国アイダホ州/Idaho US
Back Story:大学近くの散歩道での一枚。この町は豊かな自然に囲まれており、季節ごとに違う顔を見せてくれていました。この日も友人と学校の周りを散歩していた何でもない1日でしたが、涼しい風を感じ、あたりを見渡すと美しい赤や黄色の葉が風に揺られて音を立てており、秋の訪れを感じることができました。

No.12 素敵な出会いと素敵な場所で溢れる国

氏名:古茶 愛笑
留学先国:オーストラリア
留学プログラム:交換留学
撮影場所:オーストラリア パース フリーマントル
Back Story:これは、現地の初めての友達と初めて海に遊びに行った時の写真です。
オーストラリアは国際豊かな国で、ここにはアメリカ人・フィリピン人・オーストラリア人がいます。この3人は私の初めての現地での友達です。3人とも英語がペラペラで話す速さも早く、最初は聞き取るのにも苦労し、自分のつたない英語でも大丈夫だろうか、と素をなかなか出せずにシャイな私でした。しかし、皆とてもフレンドリーで私を遊びに誘ってくれたので、不安と少し怖い気持ちを捨て、オールネイティブの中に思い切って飛び込むことにしました。だからと言っても、全部を理解できないことや言いたいことをスムーズに言えないことで悔しい思い・ふがいない思いも味わいました。けれども、この日私はそんな人たちと1日をとても満喫し、この日からとても充実した日々を送るようになりました。一生懸命で前向きな自分でいれば、周りの友達は必ず助けてくれるし、言葉がすんなり通じなくたって、一緒に一日を楽しめる。不安は消え、つたない英語でも頑張って伝えようとすれば、理解してくれ、異なった言葉・文化をもった人とこんなにもしっかりコミュニケーションをとれるんだと、ペラペラではないなりにも自信がわきました。現地の言葉がうまく話せなくても、自分から伝えようとすること・積極的になる事が大事なんだと気づかせてくれた、そんなきっかけをくれた人達です。様々な価値観を持った人に会い、英語で自分たちの国の事を教え合ったり、失敗から学んだり、留学は英語だけではなく、自分自身を人として成長させてくれるものである、と強く感じます。また、毎日が国際交流で、驚きの連続です。この人達は私が出会った友達のうちの3人ですが、新たに学んだことが沢山ありました。また、オーストラリアには、綺麗な海が何個もあるので、慣れない生活で心が疲れたと思ったら、私はよくこの場所に来て、海を眺め、エネルギーチャージしていました。総じて、この3人・この場所は私にとって大切な人たちです。留学先には素敵な出会い・素敵な場所が必ずあると自信を持って言えます。

No.13 Goosafternoon, sir.

氏名:Masashi Shikanai
留学先国:イギリス
留学プログラム:交換留学
撮影場所:York の街中の河
Back Story:英国紳士らしからぬ規律の良さ

No.14 一起去士林市場吧!

氏名:多田 想
留学先国:台湾
留学プログラム:語学セミナー
撮影場所:士林市場
Back Story:授業後みんなで夜市に行きました。

No.15. My bestie

氏名:福田莉於
留学先国:イギリス
留学プログラム:協定校語学留学
撮影場所:Vancouver, Canada
Back Story:ステイ先のシスター AbiとペットのBubbyです。私の留学の全てを共にした2人との思い出をのこすために撮りました。この写真を見るとバンクーバーでの日々が思い出され、2人に会いたいという気持ちが強くなります。

No.16 "Happy Birthday to you, Ken ! Our Best Friends!!"


氏名:塚原 博子
留学先国:フィリピン
留学プログラム:Diversity Voyage
撮影場所:Cebu island
Back Story:2020年2月16日から2月24日まで、「Diversity Voyage in Cebu」に参加することができました。研修の集大成として「GiFT DAY」(1Day Waku Work Center)をチームで行いました。
写真に写っている2人は、東洋大学生(Yamacchi)と現地のCitioに住むフィリピン人(Ken)です。彼らは、同じチームでした。2人は、よりよい「GiFT DAY」にするために、連日、研修が終了後も、電話でよく話し合いをしていたそうです。そして、当日、2人で、全体のMCも行いました。幸運にも、その日は、Kenの誕生日でした。夕食会は、フェアウェルパーティでもありました。宴たけなわの時に、みんなにサプライズが、起こりました。Ricoさん、ジョリーさんのファシリテーターさんたちと、モリゾーさんが、協力して、Kenのために誕生日のケーキを準備していたのでした。レストランの店員さんたちが、ケーキを運んでくださいました。店員さんたち、お店の客さんたちが、われわれチームメイトと一緒に、誕生日の歌を歌い、温かいハーモニーに包まれながら、Kenの誕生日を祝福することができました。フィリピンでは、誕生日を祝うのに、ケーキを、ゲストが、願いを込めて、顔につける習慣があることも知りました。これまで研修会を頑張ったご褒美でした。写真の二人の絆と活躍のおかげで、「GiFT Day」も充実できました。また、一緒に参加したメンバーだったからこそ、成し遂げたと思えました。感謝、感激の私のベストショットです。みんなに深謝。ありがとうございます。
 

No.17 学び合い

氏名:中田朱音
留学先国:台湾
留学プログラム:交換留学
撮影場所:台湾 実践大学 学食
Back Story:韓国人の親友が日本語教えて〜と言っていたので、日本語を教えています。
お互い授業が終わって次の授業が始まるまでのあきコマです。
 

No.18 A sign of friendship

氏名:榎本翔一
留学先国:マレーシア
留学プログラム:Diversity Voyage
撮影場所:マレーシア クチン市内
Back Story:これは私が2020年の2月にdiversity voyageに参加した時に撮影しました。
マレーシアを訪れ、国民性のフレンドリーさ優しさに触れることができました。この旅を機会に私は異なる文化の人と交流することが得意であると気づき、将来的に色々な国を訪れたいと強く思いました。

No.19 Kayaking

氏名:秋山莉菜
留学先国:アメリカ合衆国
留学プログラム:交換留学
撮影場所:Austin, Texas, United States
Back Story:オースティンは自然と都市が共存している魅力的な街です

No.20 World’s Largest Snow Maze

氏名:吉田 瑞規
留学先国:カナダ
留学プログラム:協定校語学留学
撮影場所:Maze in Corn (Winnipeg, Manitoba, Canada)
Back Story:世界最大の"雪で作られた迷路"としてギネスにも登録されています。冬には気温が-40°Cを下回ることもしばしばある、「ウィニペグ」という極寒の街ならではの特徴を活かした観光スポットです。夏は雪の代わりにトウモロコシ畑の緑で迷路が作られるそうです。

No.21 The purple sky

氏名:JINGYAO ZHANG
留学先国:イギリス
留学プログラム:交換留学
撮影場所:Cardiff
Back Story:It really was a usual day and I was just on my way to the dining hall. Normal. All of a sudden, I looked up to the sky and I was amazed by this artistic view. Nature is the true artist. Go and explore!

No.22 空の広い大都会

氏名:日下由香子
留学先国:カナダ
留学プログラム:協定校語学留学
撮影場所:Toronto
Back Story:東京と同じようにビルが立ち並ぶ大都会だったけど、東京とは違って雪が降り積もっていて、星も見えて、空が広く感じた。ついつい空を見上げてしまった。
その開放感が、「海外へ来たんだ」と再認識させた。

No.23 O'connnel Street

氏名:木城達哉
留学先国:アイルランド
留学プログラム:語学セミナー
撮影場所:Dublin
Back Story:青すぎる僕らの夏はまだ終わらない。

No.24 仲間とスケートに!

氏名:滝田 和己
留学先国:アメリカ合衆国
留学プログラム:交換留学
撮影場所:サウスカロライナ州のスケート場
Back Story:僕のBESTはアメリカで出会った友達です!ですので、仲間とスケート場に行った時に撮ったを選びました!みんな留学生ですよ。

No.25 After lunch

氏名:Yoko Nakata
留学先国:カンボジア
留学プログラム:Diversity Voyage
撮影場所:Phnompenh,Cambodia
Back Story:Diversity voyageに参加して行った、カンボジアでの写真です。この日は4日目で、現地のカンボジアメンバーとも打ち解けてきて仲が深まってきたあたりです。ホテルでランチを食べた後、みんなでテラスに出て、タイマーを使い写真を撮影しました。カンボジアのメンバーとは今でもSNSを通して連絡を取り合っていて、また会えることを楽しみにしています。日本人メンバーはキャンパスも学年も違うのに、定期的に会う約束をしてどんな話も腹を割って話せる存在になりました。comfort zoneではない場所で本音でぶつかり合ったからこそ出会えた最高の仲間たちです。また、行きたいな〜。

No.26 Niagara falls

氏名:九石夏希
留学先国:カナダ
留学プログラム:協定校語学留学
撮影場所:canada
Back Story:奇跡的な瞬間

No.27 一期一会

氏名:山口 晶子
留学先国:ブータン
留学プログラム:Diversity Voyage
撮影場所:ブータン王国
Back Story:ブータン王国のパロにある小学校を訪問した際に、生徒や先生方が列を作って歓迎してくれた際の写真です。
出会いの素晴らしさと、人々の温かさを強く感じた経験です。

No.28 海の上

氏名:鷲見有紀子
留学先国:アメリカ合衆国
留学プログラム:交換留学
撮影場所:Nallikariビーチ, Oulu フィンランド
Back Story:Nallikari Snow Festというイベントに行ったときに近くのビーチから撮りました。人が歩いている場所は元々海で、冬の間は海が凍り歩けるようになるそうです。

No.29 笑顔

氏名:梅岡慶至
留学先国:カンボジア
留学プログラム:Diversity Voyage
撮影場所:カンボジアのプノンペンの小学校
Back Story:言葉は通じなかったけど笑顔は世界共通で笑顔だけで仲良くなれることを身をもって感じることができました。

No.30 異国の地で

氏名:倉品 萌々
留学先国:オーストラリア
留学プログラム:語学セミナー
撮影場所:オーストラリア メルボルン
Back Story:友人と学校帰りに買い物に行った時の写真です。信号待ちをしていた友人の何気無い後ろ姿でも、海外を思わせる素敵な一枚になりました。

No.31 Durable friendship

氏名:高橋美雪
留学先国:アメリカ合衆国
留学プログラム:協定校語学留学
撮影場所:Brooklyn, NY
Back Story:フランス留学中の友達がNYに遊びにきてくれて、フランスに帰国する前の日に撮った写真。たくさんの素敵な思い出が蘇ります。

No.32 私の部屋から広がる世界

氏名:高橋 里恵
留学先国:ブルガリア
留学プログラム:交換留学
撮影場所:#414 Block 8, Studentski Kompleks, Sofia, BULGARIA
Back Story:これは、ブルガリアのソフィア大学の留学中に自分の部屋から撮った写真です。この景色を見ると、自分が留学していることを実感します。ソフィアは都市でありながら、写真の右に見えるような美しい大自然も近くに位置しています。また、飛行機が見えることもあります。私はこの景色を見るたび、いろんな想いを馳せ、ここに来てよかったと感じます。

No.33 黄金博物館

氏名:岩間萌
留学先国:台湾
留学プログラム:語学セミナー
撮影場所:台湾・黄金博物館
Back Story:みんなでバスに乗り、黄金博物館へ連れて行ってもらいました。山の上なので階段を登ったり降りたりして後ろの像のようにヘトヘトになりましたが、上からの景色はとても綺麗でした。

No.34 子ども達が見つめる先にあるものとは...

氏名:小幡航亮
留学先国:オーストラリア
留学プログラム:協定校語学留学
撮影場所:ホームステイ先の家族の家
Back Story:ホストマザーの家族の誕生日会に参加し、そこで撮った一枚です。子ども達がケーキに火をつける様子を真剣に見つめていて、その様子がとても可愛かったので撮りました。子ども達が恋しいです。

No.35 台北101展望台にて

氏名:佐藤隆巨
留学先国:台湾
留学プログラム:語学セミナー
撮影場所:台北101
Back Story:授業が終わってからみんなで台北101に行き、展望台で撮った写真です。

No.36 Life Is a Highway

氏名:横手倫太郎
留学先国:アメリカ合衆国
留学プログラム:交換留学
撮影場所:Spark/ Nebraska/ USA
Back Story:Nebraska/USA に留学していた私は、秋休みに大学主催のカヌー旅行に参加しました。滞在した村は総住人数が9人という村、Spark(スパーク)。そのすぐ横を通るNebraska Highway 12が背景です。Highwayといえど、車は10分に1台通るかどうか。そんなへんぴな場所にある地平線まで続くHighwayで友人たちを撮影しました。左は日本からの交換留学生。右はアメリカ人の友人。バックグラウンドの全く違う2人が、留学をきっかけにど田舎ネブラスカで出会った、そんな写真です。
同時に、たった1年の交換留学、今2人はそれぞれの国にいます。出会いと別れを繰り返す、人生はまるで道路の様なもの。それを加速させるのは人との出会いです。良い人との出会いは人生をまるでHighwayの様な、楽しくてちょっとスリリングな人生にしてくれます。

No.37 帰国

氏名:福井隼
留学先国:台湾
留学プログラム:語学セミナー
撮影場所:羽田空港
Back Story:参加した語学セミナーでは最少人数のチームでした。少ないメンバーだからこそ近い距離感で一枚の自撮りに収まりました。
 

No.38 みんなで楽しくご飯

氏名:飯川絢水
留学先国:台湾
留学プログラム:語学セミナー
撮影場所:台湾・九份
Back Story:台湾九份でみんなでご飯を食べている時に撮った写真です。九份をガイドしてくれた地元の大学生の方と記念に一緒に撮りました。