1. 東洋大学TOP
  2. ニュース
  3. 国際交流
  4. ボローニャ大学(イタリア)との国際学生ミーティングが開催されました

ボローニャ大学(イタリア)との国際学生ミーティングが開催されました

20211127日の1800から1930(日本時間)まで、イタリアのボローニャ大学と「学生生活」をテーマにした国際学生ミーティングをZoomで行いました。
以前から同大学とは研究者交流の実績はありますが、国際学生ミーティングは初めての開催です。

東洋大学側の関連業務を国際教育センターの副センター長、グリーン・H・スティープン、同センターの講師、アンドレエフ・アントンが担当しました。

ミーティングの冒頭では、東洋大学の高橋一男副学長・国際教育センター長およびボローニャ大学のアントニオ・フィオーリー・アジア研究所所長よりご挨拶がありました。

その後のブレイクアウトセッションでは、参加者は各自の希望に従って英語ルームと日本語ルームに分かれ、発表者に指名された学生が発表を行いました。

東洋大学の代表で日本語セッションの発表者を務めたのは理工学部、国際学部、経済学部より各1名の計3名です。
英語セッションの発表者は国際観光学部より3名、経営学部、国際学部、理工学部より各1名、法学部より2名の計8名です。

東洋大学から参加した学生の人数は以下の通りです。

表1 東洋大学参加者(学生)の内訳
図1 


発表テーマは、母校自慢や現在の授業のありかた、就職活動や家族についてなど、身近で話しやすい内容のものでした。

表2 発表テーマ
図2 

日本語セッションの司会は、アンドレエフのサポートを受け、ボローニャ大学の学生が努めました。
東洋大学、ボローニャ大学いずれの学生達も、互いの文化を理解しようと積極的に話し、活発な交流が行われました。


図3

ミーティングの最後は、閉会の挨拶に加え、簡単な協議を行い、新たなテーマを設定して来年の2月下旬~3月上旬を目安に第2回のISMの開催を検討することになりました。
次のミーティングでは、さらなる交流の深まりが期待されます。

国際教育センターでは、引き続き、新しい出会いから学びが生まれる場を提供していきます。皆さんの積極的なご参加をお待ちしております。(講師:アンドレエフ・アントン)