1. 東洋大学TOP
  2. ニュース
  3. 教育
  4. 東洋大学スポーツ
  5. 東洋大学スポーツ
  6. シレジア2021世界リレーで陸上競技部短距離部門の選手二人が活躍。2つのメダル、1つの日本新記録という快挙!
MENUCLOSE

シレジア2021世界リレーで陸上競技部短距離部門の選手二人が活躍。2つのメダル、1つの日本新記録という快挙!

2年に一度、陸上リレー種目の世界一を決める「2021世界リレー」が5月1日、2日にポーランドシレジアにて開催

本学の選手二人が大活躍しました。応援ありがとうございます。

 

男子4x100mリレー 銅メダル 2022世界陸上出場権獲得
第3走 宮本大輔 (法学部企業法学科4年)

男子4x400mリレー 銀メダル 2020東京五輪、2022世界陸上出場権獲得
第4走 鈴木碧斗 (法学部企業法学科2年)

ミックス4x400mリレー 11位 3'18"76=日本新 2022世界陸上出場権獲得
第4走 鈴木碧斗 (法学部企業法学科2年)

なお、男子4x400mリレーに出場した鈴木碧斗選手は今回の大会結果により

「2020東京オリンピックリレー候補選手」に入りました。

オリンピックへの出場が大いに期待されます。
※正式には6月末に開催される「第105回日本陸上競技選手権大会」で決定いたします。

左から二人目 宮本大輔 

左はし鈴木碧斗

左はし鈴木碧斗