1. 東洋大学TOP
  2. ニュース
  3. 教育
  4. 学生生活
  5. 2021年1月7日緊急事態宣言を受けてのお願い(早川学生部長からのメッセージ)

2021年1月7日緊急事態宣言を受けてのお願い(早川学生部長からのメッセージ)

English (by Google Translation)


2021年1月12日

在学生の皆さま

副学長・学生部長 早川和宏

2021年1月7日にインフルエンザ等特別措置法32条1項に基づく緊急事態宣言が出されました。

緊急事態宣言の発出に伴い、政府の新型コロナウイルス感染症対策本部が発信する「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」(基本的対処方針)が一部変更されました。
基本的対処方針の資料17ページでは、大学に対して、次の2点を要請しています。

  1. 感染防止と面接授業・遠隔授業の効果的実施等による学修機会の確保の両立に向けて適切に対応すること
  2. 部活動、課外活動、学生寮における感染防止策、懇親会や飲み会などについては、学生等への注意喚起の徹底(緊急事態宣言区域においては、部活動における感染リスクの高い活動の制限)

緊急事態宣言の発出及び基本的対処方針の一部変更を受け、本学では「新型コロナウイルス感染拡大防止のための東洋大学行動指針」に「202101緊急事態宣言レベル」を設けました。ご確認ください。

基本的対処方針による要請事項のうち、1.につきましては、直接指導することがどうしても必要な一部の授業を除き、原則として非対面授業とすることで対応しております。2.のうち、部活動・課外活動につきましては原則として禁止としており、学生寮につきましても、できるだけ帰省を促し、寮内に残る人数を最小限にするようにしております。
しかしながら、2.の懇親会や飲み会など個人の活動に係る事項につきましては、学生の皆さん一人一人の協力なくして実現することはできません。

本学ウェブサイトでお伝えしておりますように、本学関係者の新型コロナウイルス感染者数は増加傾向にあります。ことに、2020年12月17日から2021年1月7日までの間には、38名の感染が確認されており、それ以前の感染者数から約60%という高い伸びを示しています。直接顔や名前を知っている人に感染者がいなくても、新型コロナウイルスは確実に身近に迫っています。また、自分自身や身近な人が、無自覚・無症状のまま感染している可能性も、否定することはできません。

既にご存知のように、新型コロナウイルス感染症は、主に飛沫感染や接触感染によって感染し、いわゆる「三密」の環境で感染リスクが高まります。できるだけそのような環境に身を置くことがないよう、十分に注意してください。

一番悪いのは、ウイルスという「見えない敵」です。感染してしまった「人」ではありません。ご自身や身近な人で感染者が出た場合には、どうぞ「人」を責めることなく、冷静に対応してください。

本学では、引き続き医務室・保健管理室で新型コロナウイルス感染症に係る健康観察を実施し、全ての学生・教職員の健康管理を行ってまいります。医務室・保健管理室のウェブサイトをご確認いただき、要件に該当する方は必ずご連絡ください。

また、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、生計維持者(父・母)が失職したことにより経済的に困窮している学生向けの奨学金「RIBBON」も運用しております。該当する方は、是非ご活用ください。

以 上

関連ページ

緊急事態宣言の発出に伴う本学の対応について(学長のメッセージ)