1. 東洋大学TOP
  2. ニュース
  3. 教育
  4. 大学院
  5. 生命科学研究科
  6. 令和2年9月修了生の皆さんへ(研究科長祝辞)
MENUCLOSE

令和2年9月修了生の皆さんへ(研究科長祝辞)

 2020年9月に生命科学研究科を修了される皆さん、誠におめでとうございます。また、修了生のご家族や保護者の皆様にも、心からお慶び申し上げるとともに、これまでのご協力に深く感謝いたします。


今年は新型コロナウイルス感染症の影響もあって、皆さんの学究活動にも多くの制約があったことと思いますが、そのような状況にも関わらず、しっかりと修了された皆さんを研究科の教職員一同とても誇りに思っています。一方、新型コロナウイルス感染症の広がりは未だ予断を許さない状態にあり、今年春に続き、秋の修了式・学位授与式は挙行できませんでした。皆さんの一生の思い出となる修了式・学位授与式が中止となり、誠に断腸の思いですが、大学として皆さんの健康と安全を守るための苦渋の決断を行ったものとご理解下さいますようお願い申し上げます。

 さて、私たちの社会には、答えを探すことが容易ではない、あるいはそもそも答えがあるかどうかすら分からない問題が数多く存在します。昨今のコロナ禍についても、国内外で「健康を優先するのか、経済を優先するのか」という議論があることは皆さんも承知していることと思います。このような問題について、バランスをとって考えていくにしても、すぐに結論を出すことは容易ではありません。また、例えば、地球規模での問題解決などに向けてグローバルな協力体制を形成していくことは重要ですが、同時に、ルールが厳格化されたり、価値観の均質化が進んでいくような空気を感じたりと、息苦しさを抱える人も出てきているようにも見えます。


 このような時代にあって、本学の建学の精神でもふれられている「多様なものの見方や考え方を学びつつ、自己の哲学を持つ人間を目指すこと」の重要性が高まっているのではないでしょうか。
すなわち、答えが分からないからといって思考や行動を止めるのではなく、学び続け、自分なりの考えを持てるよう努力すること、またそれを行動に移していくことが大切ではないでしょうか。
その意味でも、皆さんが大学院で学んだこと、すなわち、多くの先人たちの発見を基盤として自らの研究テーマと向き合い、試行錯誤をしながら本質に迫ろうとした経験、そして、国内外の学会発表や修士論文などを通じて様々な方々と交流した経験などは、まさしくこれからの時代を生き抜くための大きな力になっていくものと思います。


 最後になりますが、皆さんに贈る言葉です。

     とにかく、考えてみることである。
      工夫してみることである。
      そして、やってみることである。
       失敗すればやり直せばいい。
                                     ― 松下幸之助


   修了生の皆さんの今後の活躍を心から祈念しています。

 


令和二年九月十七日
東洋大学大学院生命科学研究科長 根建 拓