1. 東洋大学TOP
  2. ニュース
  3. 教育
  4. 学部・学科
  5. 社会学部
  6. 国際社会学科
  7. 「国際社会プロジェクト演習」履修者の2・3年生が成果発表をするシンポジウムを行いました

「国際社会プロジェクト演習」履修者の2・3年生が成果発表をするシンポジウムを行いました

2023113日、国際社会学科専門科目「国際社会プロジェクト演習」のうち「国際理解分野」と「キャリア分野」の2コースを履修する2年生および3年生が実習と学習の成果を発表するシンポジウムを行いました。シンポジウムは教室での対面とオンラインの同時開催で行いました。

国際社会プロジェクト演習シンポジウム_20230113

参加者は、発表者の23年生約25名、学科教員、国際社会学科1年生の約150名のほか、外部コメンテーターの中村昇平先生(東洋大学国際学部)、本学に短期滞在中のRAMPISELA Dorotea Agnes先生(インドネシア ハサヌディン大学教授)でした。

シンポジウムでは、まず本学科学科長の平島みさ先生の開会あいさつのあと、長津一史先生が趣旨説明を行いました。そして、「国際理解分野」コースを受講する2年生および3年生がインドネシアでの海外実習の成果を含めた発表を行い、「キャリア分野」コースを受講する2年生は小笠原諸島の父島で実施した実習の成果を含む発表を行いました。

さらに中村先生によるコメントのあと、それに対して発表者の2・3年生がリプライを行いました。次いでフロアに開いた質疑応答を行いました。RAMPISELA先生にもコメントを頂きました。

発表者の23年生、発表を聞いた1年生は、今後の学生生活にこの経験を活かしてもらえたらと思います。