1. 東洋大学TOP
  2. ニュース
  3. 教育
  4. 学部・学科
  5. 理工学部
  6. NEDOグリーンイノベーション基金事業「CO₂を用いたコンクリート等製造技術開発プロジェクト」に採択されました(理工学部 横関康祐教授)

NEDOグリーンイノベーション基金事業「CO₂を用いたコンクリート等製造技術開発プロジェクト」に採択されました(理工学部 横関康祐教授)

2022年1月28日、東洋大学理工学部 横関康祐教授は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した「グリーンイノベーション基金事業/COを用いたコンクリート等製造技術開発プロジェクト」のコンクリート分野における、【研究開発項目1】「CO排出削減・固定量最大化コンクリートの開発」、【研究開発項目2】「CO排出削減・固定量最大化コンクリートの品質管理・固定量評価手法に関する技術開発」に鹿島建設株式会社等と共同で応募し、採択されました。

今回の研究開発は鹿島建設株式会社、デンカ株式会社、株式会社竹中工務店の3社を実施予定先として、民間企業44社、10大学、1研究機関によるコンソーシアムを構成して実施されます。「グリーンイノベーション基金事業」は、「2050年カーボンニュートラル」の目標達成に向けて、 2兆円の基金をNEDOに造成し、官民で野心的かつ具体的な目標を共有した上で10年間、研究開発・実証から社会実装までを継続して支援する事業です。

本学の横関康祐教授は、本研究開発における「低CO₂排出型セメントと各種CO₂固定技術の組合せによるコンクリート技術開発」、「フィールド検証等によるCO₂排出削減・固定量最大化コンクリートの品質評価」の技術開発責任者として、各種コンクリートの材料開発と性能評価、実環境に暴露されたコンクリートの長期耐久性に関する品質評価を行います。

本プロジェクトで取り組むコンクリートへのCO₂固定化の研究開発を通じ、温室効果ガス削減という社会課題解決に貢献してまいります。

関連リンク

*リンク先のURLは発表日現在のものです。