1. 東洋大学TOP
  2. ニュース
  3. 教育
  4. 学部・学科
  5. 生命科学部
  6. 学生チームが資生堂開放特許を用いたハンドセラムを開発しました

学生チームが資生堂開放特許を用いたハンドセラムを開発しました

生命科学部 応用生物科学科 三浦健准教授研究室、国際学部 国際地域学科 北脇秀敏教授研究室に所属する学生有志によるSDGsに関連した大学公認の学生団体「TOYO SDGs Students Project~SUGOMORI BOISEN Project~」は、「WIPO GREEN」のデータベースに掲載された株式会社資生堂の開放特許を活用した学生の視点から考える化粧品を企画しました。

板倉キャンパスがある板倉町隣接の館林市に工場がある株式会社シーエスラボと開発・生産を進め、ハンドセラム「BOISEN」を開発しました。その試作品を卒業生に無料配布し、使用した感想アンケートを収集しました。
詳細は下記HPをご覧ください。
https://www.toyo.ac.jp/news/SDGsnews/boisen/

 
 ハンドセラム「BOISEN」  配布の様子