1. 東洋大学TOP
  2. ニュース
  3. 教育
  4. 学部・学科
  5. 生命科学部
  6. 小野塚悠太さん(応用生物科学科4年)が化学工学会秋田大会で学生特別賞を受賞
MENUCLOSE

小野塚悠太さん(応用生物科学科4年)が化学工学会秋田大会で学生特別賞を受賞

2021年7月1〜2日にオンライン(秋田大学)で開催された化学工学会秋田大会において、応用生物科学科4年 小野塚 悠太さん(角野教授研究室)が学生特別賞を受賞しました。

下水や産業廃水に含まれる窒素の処理に関する発表で、「低温硝化処理の長期安定性とMBRを用いた高度処理」と題し報告しました。硝化反応は15℃未満では反応が極端に低下します。発表者らは5℃で硝化活性を発現する菌群を集積し、長期安定処理性を検討しました。5℃で通常の下水硝化槽設計値の硝化速度を得、処理安定性がある事を見出しました。
さらに硝化槽の後段に膜型リアクター(MBR)を付けることにより、5℃で上水レベルの高度処理が可能である事を明らかにし、関与する菌叢について報告しました。

本賞は、発表のわかりやすさや研究の独創性・新規性などを基準に選考され受賞しました。


学生特別賞を受賞された小野塚 悠太さん(応用生物科学科4年)