1. 東洋大学TOP
  2. ニュース
  3. 教育
  4. 学部・学科
  5. 国際観光学部
  6. 第3回「次世代観光リーダー育成に向けたワークショップ」を開催しました

第3回「次世代観光リーダー育成に向けたワークショップ」を開催しました

2021年3月16日~17日、本学(国際観光学部)・国連世界観光機関(UNWTO)・独立行政法人国際協力機構(JICA)の共催で、「第3回次世代観光リーダー育成に向けたワークショップ」と題し、公開シンポジウムとワークショップをオンライン形式で開催しました。

今回のテーマは「Sustainable Tourism: COVID 19 Reframing and Realizationー持続可能な観光:新型コロナウイルス感染症からの再建と新たな認識ー」。
いま、世界規模で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症の影響により、観光立国を宣言する国々や観光業界はかつてない危機に直面しています。
3月16日に開催した公開シンポジウムでは、このように一変した社会情勢や各国の実情、観光業界の現状や課題を踏まえたうえで、今後の持続可能な観光のあり方、また、観光の新たな可能性などを5名の識者にご講演いただきました。そのあと「ポストコロナ」「アフターコロナ」「SDGs」をキーワードとした持続可能な観光のあり方や将来の可能性についてディスカッションが行われました。

3月17日はワークショップを開催。4名の識者からのレクチャーに続き、ポストコロナの持続可能な観光に関するディスカッションやSWOT分析を交え、少人数グループでの議論、理論から今後の実践へと考察を深めました。


【3月16日 公開シンポジウム講演者】

  • アルシンダ・トラウェン 氏(UNWTO 駐日事務所 国際・調査課長)
    「アジア太平洋地域における新型コロナウイルス感染症からの回復に関するUNWTOの役割」
  • 上田隆文 氏(独立行政法人国際協力機構(JICA) 国際協力専門員 民間セクター開発 )
    「観光分野の国際協力とコロナへの対応」
  • 是澤優 氏(UN Habitat アジア太平洋地域代表)
    「コロナの経験を踏まえた持続可能な観光とまちづくり」
  • 越智良典(本学国際観光学部教授)
    「WITH コロナの新しい旅のカタチ」
  • 福井善朗 氏(山陰インバウンド機構代表理事)
    「ポストコロナの観光:地域DMOの視点から」

【3月17日 ワークショップ レクチャー】

  • アルシンダ・トラウェン 氏(UNWTO 駐日事務所 国際・調査課長)
    「新型コロナウイルス感染症からの回復におけるUNWTOの役割:持続可能性と革新」
  • 藤稿亜矢子(本学国際観光学部教授)
    「グリーンリカバリーと持続可能な観光」
  • ローレンツ・ポッケンドルフ(本学国際観光学部准教授)
    「ポストコロナのスピリチュアルツーリズムを通じた新たな認識」
  • 上田隆文 氏(JICA 国際協力専門員(民間セクター開発))
    「ポストコロナの地域活性化における観光の可能性」

第3回「次世代観光リーダー育成に向けたワークショップ」を終えて

オンラインで開催された本シンポジウムは、300名を超える参加者がありました。皆さまありがとうございました。
多様な分野の登壇者によって、途上国からの視点、まちづくりからの視点、観光産業からの視点、地方創生からの視点、などさまざまな角度からポストコロナの観光について示唆に富んだ講演を行いました。
同様にパネルディスカッションおいても、異なる立場からの見解を交えて議論が行われたことは、観光に関わる多種多様なステークホルダーにとって、有意義な場となったと思われます。

藤稿亜矢子(本学国際観光学部教授)